現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

2013年2月〜2014年2月 世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。 その後 講演家として1年間で50回、のべ4000人に向けて想いを伝えていました。 その傍ら「夢塾」という塾を立ち上げ 1年間で6校開校。 そんな現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

ハッピー黒板 2016年 11月

【あの先生が良かったー。あの先生ハズレだ。そう言う前に。良い人、悪い人なんていない。今のあなたにとって「都合の良い人」「都合の悪い人」がいるだけです。】

世の中には、色んな「師」がいます。 人生の中でも、たくさんの「師」に出会います。 ここで「先生」と書かずに、敢えて「師」と書くのは、教員以外にも、その人の人生を素晴らしいものにしてくれる基盤を教えてくれる人はたくさんいるからです。 逆に「先生…

【子供の質問「どうしても好きになれない子がいるときどうしたらいい?」に本気で考えて答える。】

【子供の質問「どうしても好きになれない子がいるときどうしたらいい?」に本気で考えて答える。】 国語の授業において、「和室と洋室」の違いを考える内容がありました。その中で、それぞれの【良さ】について考え発表したり、共有したりと、子供達なりに考…

【大の大人が子どもの前で「夢」について本気で語った話】

【大の大人が子どもの前で「夢」について本気で語った話】 大学生の頃子どもと触れ合い始めた頃 「なんて大人は自分勝手なんだ」と思ったことがあります。 皆さんが小さい頃、親に夢を語った経験が少なからず一度や二度あると思います。その夢に対して、多分…

【「未来のこどもの幸せ」を意識しすぎて「今のこどもの幸せ」を蔑ろにしていませんか?】

【「未来のこどもの幸せ」を意識しすぎて「今のこどもの幸せ」を蔑ろにしていませんか?】 日々子供と接していると日々教員として接していると こどもの素敵な部分をたくさん目にする。 そして、「もっと成長させてあげたい」と思うことにもよく出くわす。 …

【目的をブラさず手段を変える。宿題を楽しむことで勉強を楽しむセレクト宿題のススメ】

最近すごく思っていたことがあります。 「もしかして宿題が勉強を嫌なものにさせる大きな原因なのではないか。」 それは、普段の子どもたちの宿題の取り組み方を見て思いました。 確かにしっかりとやってくる子どももたくさんいます。 しかし、中には「ただ…

【親や先生の最大の役目。それはこどもと「〇〇」をつくること。日本の「子どもが孤独を感じる割合の世界ランキング」は? 一人になるのは悪いこと?一人ぼっちを怖がる子どもたちへ贈る言葉。】   

【親や先生の最大の役目。それはこどもと「〇〇」をつくること。日本の「子どもが孤独を感じる割合の世界ランキング」は? 一人になるのは悪いこと?一人ぼっちを怖がる子どもたちへ贈る言葉。】 人は、一人になるのを極端に怖がることがあります。 「一人に…

【嫌な先生に当たった。嫌いな人が近くにいる。そんな方へ。】

【嫌な先生に当たった。嫌いな人が近くにいる。そんな方へ。】 私は、毎日ハッピー黒板を書いています。書く内容は、前日にあったことから、子どもたちに伝えたいと思うことやその日にあることで、子どもに意識してほしいことを書いています。下書きなどはあ…

【結局のところ「〇〇」ができるかどうか。〇〇をしてきた数がその人の成長を決める】

私は教員をする前、講演家として活動していました。その傍ら、世界一周をした経験を生かして「世界一周アドバイザー」もしていました。 その中で、何人もの人が世界一周に旅立って行きました。しかし、中にはそうではない人もいます。 どれだけ努力してもど…

【失敗は考え方次第で全て「成長の種」へと変わる。】

【失敗は考え方次第で全て「成長の種」へと変わる。】 席替えチャレンジ1日目を成功させた子どもたち。素敵な一面が見られて本当に嬉しく思いました。その時の記事は前回のブログをご覧ください。 www.nino2no.com www.nino2no.com チャレンジ成功には、残…

【先生や親が何度も怒るより、罰を与えるより、一本の電話。「人を思うということは、行動をすること。」チャレンジを通して子どもに教えて貰ったこと】

今日は、席替えチャレンジの結果をお伝えしようと思います。 よく、「思いは言葉にしなきゃ伝わらない」とよく言います。そして、子どもにも、それを伝えています。 感謝は言葉にしなよ。嫌な気持ちも口に出しなよ。 しかしそれがなかなかできないのが人です…

【当たり前を当たり前に。自分の為により人の為に。人が本当に力を発揮する時を子どもに伝える。席替えチャレンジから伝えたいこと。】

【当たり前を当たり前に。自分の為により人の為に。人が本当に力を発揮する時を子どもに伝える。席替えチャレンジから伝えたいこと。】 私のクラスでの月に一回の恒例行事。 それが、【ニノ先席替えチャレンジ】です。 席替えチャレンジの詳細はこちら www.n…

【子どもに言われた嬉しい言葉「先生はいつもハッピー黒板を描いてくれる」そこから見える本当に子どものためになっていること。】

【子どもに言われた嬉しい言葉「先生はいつもハッピー黒板を描いてくれる」そこから見える本当に子どものためになっていること。】 今日は、黒板とは少し違った内容をお送りしたいと思います。今回描いた黒板は、私のクラスが行っている 「ハッピークラスボ…

【人が見ていない時こそ本当の自分が試される。大切なのは信じる心】

【人が見ていない時こそ本当の自分が試される。大切なのは信じる心】 この日は、私が出張があり午後からいなくなりました。 私は「人の本質は誰も見ていない時に分かる」と思っています。 特に子どもたちの場合はそれが顕著です。 それは、指導する人によっ…

【無難な人生より難が有る人生へ。チャレンジすることで見えてくる「ありがたさ」】

私は昔、周りを見て行動する子どもでした。 三つ子の三男として産まれたからでしょうか 年齢が同じで、環境が同じ男が二人いつも近くにいました。 そして、長男や次男は色んな事をして親に怒られていました。 その時私は 「あー。こうすると怒られるんだ」と…

【何を大切に子どもを育てるか。子どもに何を伝えるか。〜本当に大切なものは目に見えない〜】

「君は先生なのか。だったら【自分はこれを子どもに伝えるんだ!】という何かを一つもちなさい」 これは、私が教師になる前世界一周をしていた時に、インドネシアのとある学校の校長先生からいただいた言葉です。 その学校は、ボランティアをさせてもらおう…

【自分に価値があると思っている子どもは〇%。自分の事を好きになるただ一つの方法。】

突然ですが、クイズです。日本の中学生を対象に取ったアンケートで 「私は他の人々に劣らず価値のある人間である」との問いに「よくあてはまる」と回答した人は 何パーセントいると思いますか? ちなみにアメリカでは51.8%中国では49.3% だそうです。 では、…

【子どもに伝えたい時間の考え方と時間の使い方〜いじめから考える時間の大切さ〜】

気が付けば11月になりました。今年もあと1ヶ月で終わってしまいます。 4月にこの子達と出逢って半年以上が過ぎました。 この楽しいクラスもこの楽しい時間も 全て有限です。 時は容赦なく私たちの目の前を通り過ぎていきます。 何気なく過ごしているこの…