現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

2013年2月〜2014年2月 世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。 その後 講演家として1年間で50回、のべ4000人に向けて想いを伝えていました。 その傍ら「夢塾」という塾を立ち上げ 1年間で6校開校。 そんな現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

ハッピー黒板 2017年 2月

他人になんてならなくていい。信頼で繋がる関係を自分の人生でどれだけ作れるか。理想のチームづくりは、オーケストラと同じ。

理想のチームはオーケストラ。全員が同じパートを担当しなくてもいい。 以前、尊敬する方にこんなことを教えていただいたことがあります。 「集団はオーケストラと同じだ」 その方は、教員ではないのですが これは クラスづくりでも 家庭環境づくりでも 会社…

嬉しい手紙2連発!!子どもから教えてもらった「想いを言葉にする大切さ」。

「先生。ちょっと話したい事があるんだけど」 とある児童から声をかけられました。 ん?どーした?なんか悩み事かな?? そう思い、その子の後に続いて教室を出た。 すると、その子は無言で私に手紙を差し出しました。その表情は、俯いていてよく分からない…

常に最後を意識して行動する。本当に自分のやりたいことは今でもできる。失ってから「大切だった」と気付く前に。

アメリカで高齢者を対象にある調査が行われました。 「死ぬ前にやり残したことは何ですか?」 という質問です。 その質問に対して 約90%の方がこう答えたそうです。 「もっと挑戦すればよかった」 後悔しない生き方をしよう。人生は短い 最近になって、よ…