現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

2013年2月〜2014年2月 世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。 その後 講演家として1年間で50回、のべ4000人に向けて想いを伝えていました。 その傍ら「夢塾」という塾を立ち上げ 1年間で6校開校。 そんな現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

魔法の言葉「DY」〜vol5〜


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

f:id:yumezyuku:20150802144250j:plain

僕のクラスの合言葉。
みんなが使う
DY。
 
何かあると
DY使おー!
 
誰かが「できなーい!」「無理ー!」
って言葉を発した瞬間
 
「え?DY使おうぜ!!」
  
 
 
 
 
さて、このDYとは何でしょうか?
 
 
 
 
 
僕が人生を好転させた魔法の言葉「DY」誕生秘話。
 
 
三つ子の三男として誕生した僕。
三つ子故、自然と周りの人と比較をしてしまう毎日。
「なんであいつよりも成績が悪いんだ」
「どうせ自分はあいつみたいにサッカーはうまくねぇよ。」
「やった!全国平均はこんなもんだけど、俺は◯◯点とれた!」
 
人と比較して一喜一憂していた日々。
自分よりすごい人がいたら劣等感に押しつぶされそうになり
自分より出来ない人がいたら優越感に浸る
 
今だから言える。
【あのときは自分の幸せを他人に委ねてしまっていた】
 
 
 
そんな自分が変わったのが
人生最大の挫折。
「大学受験失敗」だった。
 
周りのみんなは大学に行き
自分は浪人生活に入った。
 
じぶんが一番下。一番ダメなやつ。落ちて落ちて落ちた。
「こんなダメなやつ、生きていても仕方が無い」
 
そうおもった。
 
 
しかし、逃げる勇気もない。
 
親に頭を下げて入れさせてもらった塾。使ってもらった多額のお金。
「来年は絶対受かるよ」期待してくれる親、友達。
嫌いで嫌いでしょうがない一日12時間の勉強。
ダメな自分を再確認しなきゃいけないテスト
 
 
そんなプレッシャーに押しつぶされそうだった。
 
でも、それがよかった。
逃げられない。それが良かった。
 
 
追いつめられて、追いつめられて、追いつめられて、
それでも親への感謝や逃げられないことへの諦めが頂点に達したとき。
 
 
最高の現象がおきた。それは
 
「開き直る」
 
 
「もういい!!」
「もう逃げられないのはわかった!!やらなきゃいけない事はわかっている!!これを嫌々やっても辛いだけだ!!」
「一日12時間の勉強、どうせやるなら楽しんでやる!!」
 
 
 
 
この
どうせ(Douse)
やるなら(Yarunara)
 
 
の頭文字をとったDY。
 
どうせやるならたのしんでやろう!その発想。
 
 
そこから、勉強だけじゃなく人生が好転した。
 
 
いかに点数をあげるか
いかに勉強自体を楽しむか
 
に思考をチェンジし勉強をしていった結果
 
 
2ヶ月で偏差値50以下から
 
 
浪人限定全国模試英語全国1位
センター試験生物模試全国6位
センター試験政治経済模試全国10位
 
と学力が急上昇。
 
 
言葉には人生を好転させる力があると思う。
 
 
 
「めんどくさい」
「どうせむり」
「やれるわけない」
 
 
そう考えるまえに一度考えて?
 
 
 
 
 
どうせやらなきゃいけないなら楽しんでみたら??
 
 
facebookでもリアルタイムで更新中☆
 
f:id:yumezyuku:20150802144250j:plain