現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

2013年2月〜2014年2月 世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。 その後 講演家として1年間で50回、のべ4000人に向けて想いを伝えていました。 その傍ら「夢塾」という塾を立ち上げ 1年間で6校開校。 そんな現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

ルールって何のためにあるの?@ルールは縛るためにある苦しいものじゃない。ルールはそれを本気で楽しむためにある〜vol27〜


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

黒板作成動画はこちら

www.youtube.com

 

f:id:yumezyuku:20150811135017j:plain

 

学校は制服を着て登校

靴下はワンポイントで白か黒

髪は染めない

無断で休まない・・・

 

 

なんでこんなにルールが多いんだ!!

なんて窮屈なんだ!!

そんなルール無い方が幸せじゃないか!!

 

そんな風に考える人は多いんじゃないでしょうか?

 

学校だけじゃなく

 

よくわからない会社のルール

納得できない自宅のルール

 

 

いろいろありますよね??

 

僕も子どもの頃

「このルールが無ければもっと楽しいのに!!なんだよ!!」

 

って思っていました。

 

 

でも、ルールってなんのためにあるんでしょうか??

 

 

分かりやすくルールが厳しいけどすごく幸せな空間

「ディズニーランド」を例にとってみましょう。

 

f:id:yumezyuku:20150811135757j:plain

 

皆さんご存知夢の国

 

 

ここの社長が「このルールが無ければもっと楽しいのに!!なんだよ!!」

って言っていた二宮少年と同じ考えをもっていたとしましょう。

 

そして社長は言いました。

 

「よし!!今日からディズニーのルールは無しにしよう!そっちのが夢の国じゃないか!!!」

 

 

 

さぁ、今日から夢の国は、「ルールがなくなった、本当に自由な国」になりました。

 

 

「アトラクションは並ばなくて横入りオッケー!」

「お腹がへったら、レストランに入ってお金を払わず盗んで食べよう!!」

 

 

 

なんか楽しそうだって?じゃあもう少しいきましょう。

 

 

 

「キャストさんは休みたい時にその辺のアイスを盗んで木陰で休む!」

「制服は暑いから短パンとTシャツ」

「ミッキーは写真撮影に飽きて出てこない」

「気に入らない客がいたら相手しない!むしろ殴っちゃう!!」

 

 

 

 

どうですか??

 

たのしそうですか??

 

 

 

そう考えると

 

ルールって悪者じゃない気がしてきませんか??

 

 

そんな時にこうやって言う子どもがいます。

 

「僕はルールを守っているのに、あの子はルールを守っていない!だから嫌なんだ!」

 

たしかに、自分はしっかり守っているのに、周りの人が守っていなかったら腹が立ちますよね??

 

でも、

 

イライラしなくていいんです。

 

胸を張って、自分は正しい事をしている。

その事実は変わらないのだから。

 

むしろ、そんな時にこそ

 

自分の自信をつけるチャンスなんです。

 

周りはルールを破っているけど僕は守っている。

周りにながされずに、自分が正しい事をしている。

と自分を認めてあげたらいいんです。

 

 

学校にも会社にも世間にもルールがあります。

それは、僕たちを縛り付ける物ではなく

 

本気でそれを楽しめるために味方してくれるもの

 

なんです。

 

 

その時々によって

仮面をつけましょう。

 

学校にいる自分という仮面

会社にいる自分という仮面

幸せな毎日をすごそうとする仮面

毎日を楽しもうと行動できる仮面。

 

 

公式facebookページはこちら

www.facebook.com

 

facebookでもリアルタイムで更新中☆

https://www.facebook.com/tsukasa.ninomiya

 

f:id:yumezyuku:20150811135017j:plain