現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

2013年2月〜2014年2月 世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。 その後 講演家として1年間で50回、のべ4000人に向けて想いを伝えていました。 その傍ら「夢塾」という塾を立ち上げ 1年間で6校開校。 そんな現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

やる前から無理!と思ってしまって動けない君へ、自分のでいる事なんてそんなに無いとおもっているあなたへ「決めることの大切さ」〜vol36〜


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

ハッピー黒板作成動画はこちら

www.youtube.com

 

f:id:yumezyuku:20150814132725j:plain

 

パズル探しが失敗に終わり

席替えができなかった子どもたち。

宿題も2倍になり、失敗から色々学ぶ事ができました。

 

ただ、ここで終わってしまっても楽しくない。

成功体験を味わってほしい。

協力する事の楽しさも味わってほしいということで、

急遽

 

 

ニノ先生特別企画!!

先生に挑戦第2弾!!

 

その名も「ハッピーを100個見つけろ!!」

 

f:id:yumezyuku:20150814133551j:plain

 

ルールは写真の通り。

 

クラス全員で

クラスのハッピーな所を

1日で100個見つける

 

なかなかな挑戦です☆

 

最初は
「えー!!むり!!」
「100個とか多すぎ!!」

と言っていた子供達。

 

 

 

 

でも子供達はやると決めました

 

そしたら

 

 

 

 

 

結果は・・・

 

 

 

 

 

 

f:id:yumezyuku:20150814133933j:plain

 

 

じゃん!!

 

 

f:id:yumezyuku:20150814133957j:plain

 

 

じゃん!!

 

f:id:yumezyuku:20150814134019j:plain

 

 

 


結果はたった1日で

 

 

118個!!!

 

 

 

 

子供達は知りました。

 

 


やると決めること
仲間と協力すること

 

 


そうすることで

 


不可能可能になる。

 

 

 

ここからが今日のお話。

 

 

何が言いたいかというかというと

 

人はやってもみないうちに勝手に

「俺にはむりだ」

と諦めてしまうことが多いんじゃないかなってことです。

 

何もやっていないのに

「自分に出来る事なんてそんなにない」

と勝手に決めつけていることが多いんじゃないかなってことです。

 

 

実際そんなことはありません。

 

自分が勝手に限界を決めてしまうから

できなくなってしまうんです。

 

やってみたらなんとかなった

やってみたらできちゃった

 

結構多いですよ☆

 

最初はうまく出来ないかもしれないけれど、繰り返しやったり

何度もチャレンジすることで、必ず出来るようになるんです。

 

自分で自分の限界を決めるなんてもったいない。

 

あなたはもっともっとたくさんの力を持っています。

あなたはもっともっとたくさんの可能性があります。

 

 

 

自分で自分の限界を決めないでください。

 

 

それには簡単なある事をすればいいんです。

 

 

それは、この子ども達がしたことと同じです

 

やると決める

仲間と協力する

 

ただそれだけ。

 

それだけでほとんどのことは出来ちゃいます☆

 

 

そんな仲間を作りましょう!

僕はあなたを応援します☆

facebookでもリアルタイムで更新中☆友達申請お待ちしております☆

https://www.facebook.com/tsukasa.ninomiya

 

公式facebookページはこちら

www.facebook.com

 

f:id:yumezyuku:20150814132725j:plain