現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。そんな現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

指示待ち人間にならないための極意「クラスの実践と僕の実践」〜vol43〜


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

f:id:yumezyuku:20150827210726j:plain

 

「与えられる」「自分で得るか」

 

 

この気持ちの違いは本当に大きな違いだと思います。

 

 

子どもが自ら「やる」と決めるまでの段階とサポート方法はこちら

 

www.nino2no.com

 

 

「自分でやっている」という感覚が

1時間の価値をぐーんとあげる

 

www.nino2no.com

 

 

今の時代に求められる事。それは

指示待ち人間にならず、自ら考え行動できる力

 

つまり

 

 

自分で決断して行く力。

 

が必要になって来ているんです。

 

 

 

 

与えられるのを待つな。

自分からつかみに行け。

 

 

 

 

 

 

・・・・そう言われても

 

 

って思っている方はいませんか?

 

 

 

でも、それって当たり前の事だと思うんです。

 

 

 

だって、

 

これまで自分で「決断」をさせてもらえていないから。

 

 

 

 

つまり

 

 

 

「決断」をする機会がなかった(無いと思っていた)んです。

 

 

 

 

よく考えてみてください。

 

 

小学校に行くと決断したのはあなたですか?

 

中学校にいこう!!と決断したのはあなたですか?

 

よし!!高校に行こう!!と決断したのはあなたですか?

 

大学は自分で決断した!!と思っているあなた!!本当ですか??w

 

 

本当はそのレベルの場所が自分にちょうどいいと

自分にのレベルにあった場所を「選ばされた」んじゃないですか?

 

 

 

そうなんです。

この裕福で幸せな日本は

 

学校に行く事

宿題を出す事

中学校へ行く事

高校へ行く事

 

 

どれもなぜか

「当たり前の事」

 

のような暗黙の了解になっています。

 

 

決断し無くったって行けてしまうのがこの日本です。

 

 

 

 

だからこそ

決断をするための練習

が必要になってくると思うんです。

 

 

それが、人生をハッピーにするための秘訣の一つ。

 

 

僕のクラスでは決断の練習でこんな取り組みをしています☆

自分で決めた事がカタチになる「ハッピークラスボックス」

www.nino2no.com

 

 

 

僕自身

決断力を身につけるために

こんな練習をしています。

 

非常に簡単で、毎日できるのでよかったらやってみてください☆

 

 

 

それは

「〜でいいよ」じゃなく「〜がいい」と口癖をかえる

よく「コーヒーかお茶どっちがいい?」とか聞かれた時に

「コーヒーでいいよ」って答えてしまいませんか??

 

お茶かコーヒーかと言われた時に、コーヒーがいいのにも関わらず

「コーヒーでいいよ」と言ってしまう。

 

こんなちいさな事ですが、この口癖が決断しているんだ

という脳を作ってくれる。

 

 

自分の意見で「コーヒーを選ぶ」そうやって決めるという事です。

 

 

お店を選ぶときも

「なんいいよ」→「◯◯がいい

「あなたの好きな物でいいよ」→「あなたの好きな物がいい

 

こうやって自分が考えた事に対して責任をもつこと。

それが決断する事だと思います。

 

 

これができるようになると

同じ1時間を楽しもう!って決断できるようになります☆

一度試してみてください☆

 

 

facebookでもリアルタイムで更新中☆友達申請お待ちしております☆

https://www.facebook.com/tsukasa.ninomiya

 

 

公式facebookページはこちら
ぜひいいね!をお願いします☆

www.facebook.com

 

f:id:yumezyuku:20150827210726j:plain

 

 

過去記事はこちら☆

 

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com