現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

2013年2月〜2014年2月 世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。 その後 講演家として1年間で50回、のべ4000人に向けて想いを伝えていました。 その傍ら「夢塾」という塾を立ち上げ 1年間で6校開校。 そんな現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

大切な事は目に見えない。子どもに教えたい本当に大切にしなければいけない事


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

公式facebookページはこちら
ぜひいいね!をお願いします☆

 

f:id:yumezyuku:20151228111317j:plain

 

 

かんじんなことは目には見えないんだよ

これは、「星の王子様」にでてくる一節です。

これは児童書ですが、大人でも「まさにその通りだな」と思わされる言葉がたくさん並んでいます。

 

 

私が当時、土木関係の仕事をしている父親と話をしていた時

父はこんな事を言っていました。

 

 

 

 

「朝、工事の現場で子供達が通ると俺は挨拶をするんだ。子供たちはいつも無視だよね。

でも、10日とか20日とかの先生が一緒に登校する時は、いつも挨拶してるかのように元気よく挨拶するんだよね」

 

 

 

まぁ

分からなくもないですよね。

先生の前では 

 

 

いい格好をしたい

褒められたい

怒られたくない

 

 

そんな思いから

いつもよりちょっと頑張る。

 

 

 

普段は挨拶出来ていない子供たちはが挨拶を出来る事はいい事なのかもしれない。

 

 

 

いい事なのかもしれない

 

 

 

 

しかし、

 

 

 

 

これってどうなんでしょうか??

 

 

 

 

この人の前では挨拶をする

この人がいなかったら挨拶はしない

 

先生の前ではいい風に見せて

先生のいないところでは全く違う

 

 

 

 

 

これを続けた結果

 

 

 

 

 

果たしてその子は成長していくのでしょうか??

 

 

 

 

その子は他人の目線によって行動を変える人に育ってしまう。

 

 

もっと言うと、

 

行動の軸が他人になってしまう

ということです。

 

 

 

そんな風に思って描いたのが今回の黒板です。

私のクラスにも当然そのような子どもがたくさんいます。

むしろそれが普通です。

 

先生が来ると静かにして

先生が来ないとヤンチャしてしまう子。

 

 

先生の前では優等生

子どもの前ではガキ大将。

 

 

今はいいですが、そのような子は信頼がどんどん薄れていってしまいます。

 

 

だからこそ、大切にしたい事は

目に見えない事

 

 

例えば

相手を「思いやる気持ち」

人と人との「絆」「つながり」

一言一言の「言葉」

 

そんな目に見えない事を大切にするからこそ

 

目には見えない「幸せ」

を感じる事ができるのではないでしょうか。

 

 

 

 

目の前の「人」や「もの」ばかりに気を取られていると

本当に大切にしなければならない事が分からなくなってしまいますよ。

 

 

 

f:id:yumezyuku:20151228111317j:plain

 

公式facebookページはこちら
ぜひいいね!をお願いします☆