現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

2013年2月〜2014年2月 世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。 その後 講演家として1年間で50回、のべ4000人に向けて想いを伝えていました。 その傍ら「夢塾」という塾を立ち上げ 1年間で6校開校。 そんな現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

想いを素直に伝える事の大切さ。「いつか言えたら」ではなく、「今」


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

公式facebookページはこちら
ぜひいいね!をお願いします☆

 

 

www.youtube.com

 

f:id:yumezyuku:20151231100809j:plain

 

 

 

本当に子どもたちが書いてくれた黒板には感動しました。

f:id:yumezyuku:20151231095801j:plain

 

本当に涙がでました。

 

 

 

この子たちはこんなに自分以外の誰かのために動くことが出来るんだ。

 

 

 

本当に感じました。

 

 

 

その感じたことを素直に子どもに伝えてあげる。

 


恥ずかしがらず

 


先生だからとおごらず

 

 

しっかりと感謝と尊敬を伝える。

 

 

この伝える事を私はいつも意識しています。

 

 

「これを言ったら恥ずかしい」

「これを伝えるのは気が引ける」

「これは言わなくても伝わっているだろう」

「いつか言えば良いかな」

「また機会があったら」

 

 

そんな風に思っていませんか??

何かと理由をつけて言いたい事を先回りにしていませんか??

 

特に「感謝」

 

 

それが、


子どもたちが心を開いてくれる秘訣だと思います。

 

こっちがしっかりと心を開く。

 

まずは自分が先。

 

 

そんなことを経験から教えてもらいました。

 

f:id:yumezyuku:20151231100809j:plain

 

 

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com