現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

2013年2月〜2014年2月 世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。 その後 講演家として1年間で50回、のべ4000人に向けて想いを伝えていました。 その傍ら「夢塾」という塾を立ち上げ 1年間で6校開校。 そんな現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

あなたはどの役割を担っていますか?心理学から考える「根幹を大切にすること」


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

公式facebookページはこちら
ぜひいいね!をお願いします☆

https://www.facebook.com/現役教師が毎日送るハッピー黒板-830280013753565/

 

www.youtube.com

 

f:id:yumezyuku:20160102133207j:plain

 

 

土曜日は授業参観でした。

そこで行った授業は

 

『家族』がテーマの道徳。

 

ただの教科書の内容を読み解くだけではなく

少し心理学の要素を取り入れて

授業をつくりました。

 


私は、本気で日本の子供達を幸せにしたいと考え教員をやっています。

 

 

綺麗事と言われようが

かっこつけと言われようが

 


私は本気でそう思っています。 

 

しかし

私だけの力では到底子供達を幸せにする事はできません。 

 

 

 

親御さんの協力とご支援があったこそ

家庭が幸せであったこそ

子どもたちは幸せを感じる事ができると思います。

 

 

 

 

と、いう事は

お父さん、お母さんが幸せを感じなければ、子どもも幸せを感じる事ができないということです。

 

 

 

この根幹

家族という根っこを大切にして欲しくて

家族の中の自分の役割を知り、家族の中で自分ができることをやる。

それができるようになる授業がしたくて

 

 

 


敢えてペーペーの新米教師が

家族の前で家族がテーマの授業をさせていただきました。

 

 

 


ここでも少しお話いたします。

 

じつは家族の中では

5つの役割があるそうです。

その、どれもが、

家族を幸せにするためにある役割なのです。

 


その5つとは
ヒーロー、チャーマー(マスコット)、殉教者、傍観者、問題児。

 

 

詳しくは後ほど書きます。

どの人も必ずどれかに当てはまるそうです。

 

しかし、問題なのは、自分がこの役を

無意識に選択しているという点です。

 

なので、その役が苦しい人もいます。

 

ただ、忘れてはいけないのは、どの役も『家族を助けるため』

に無意識に自分が選択している

ということです。

 

 

 

悪い役など一つもありません。

例えば問題児


一見不幸を呼びそうな役柄ですが

その人がいるからこそ、悪役をその人が一気に引き受けてくれて、他の人の悪い面が浮き彫りにならないという役割があります。

 

 

 

これを知ってから

学校での子どもの接し方が変わりました。

 

問題児はこのクラスには必要不可欠な人。

だからこそ、行動を叱るのではなく

じっくりゆっくり話を聞いてあげることができるようになったのです。

 

 

 

知っているか知らないかで


行動が少しかわります。

自分の気持ちも楽になります。

 

是非、少し長いですが

後半も読んでみてください。

 

 

以下、インターネットから少し転記させていただき、加筆、修正させていただきました。 

ーーーーーーーーーーーーーーー

1.ヒーロー(ヒロイン、スター)

家族の中でヒーローになって家族を救おうとするパターンです。
優等生になったり、成功者となって、家族の幸せを作り出そうとするわけです。
日のあたる場所を好み、良い意味で注目されることを目的にします。
社会の中では良きリーダーになろうとします。
一般的には父親、長男、長女がこの役割を選ぶことが多いです。

(抱える問題点)
ヒーローになるために過剰に頑張りすぎて燃え尽きてしまったり、失敗から立ち直れない場合もありますし、また、周りの意向を無視して暴走してしまうケースもあります。
また、ヒーローとして輝くために、結果的に周りの家族に無価値感を与えてしまうことがあります。
また、スターを目指すあまり、特別意識に捉われて、自分本来の輝きを失ってしまうこともあります。

(問題を乗り越えるために)
誰かに助けを求めること、誰かをあてにすることが求められています。
自立の問題を抱えることが多いので、自分の素直な気持ちや感情と繋がることが一番の鍵となります。
また、誰かを助けること、サポートすることで、このパターンを変えて行くことができます。
謙虚さを学ぶ必要がありますね。

 

2.チャーマー(マスコット、ピエロ)

可愛がられることで家族を助けようとするパターンです。
笑いを取ることや楽しませることに意識を向けていきます。
一般的には末子など子ども達がこの役割を負います。

(抱える問題点)
可愛がられる役割だけに“子ども”として生きようとして、自立した大人になることに抵抗を感じることが少なくありません。
そのために自分は何もできないような気がして自信が持てなくなってしまうことがあります。
また、マスコットを“演じている”感覚が強いと、この役割のために愛されているように感じて、本当に愛されているような実感がなくなります。

(問題を乗り越えるために)
チャーマーが大人になると、エンターテイナーとして楽しみや喜びを人に与えられる人物になります。
自分が今していること、人に与えるものに対して価値を見出すことが大切です。
特にこのパターンを持つと、目に見える貢献よりも、精神的な目に見えないものを与えている場合が多いので、それを受け取るようにしましょう。

 

3.殉教者(犠牲者)

家族の痛みや苦しみを一身に引き受けて、家族を助けようとするタイプです。
だから、我慢や犠牲ばかりになり、自分自身もその苦しみや痛みに捉われるようになります。
つまり、このタイプが苦しみを背負ってくれているので、他の家族は自分の痛みを感じなくて済むようになります。
一般的には母親や病気勝ちな家族がこの役割を担います。

(抱える問題点)
十字架に貼り付けにされているような苦しみや痛みを多く抱えます。
意識的には積極的に痛みをひきうけている自覚がないために、被害者になって、他者を攻撃したり、ヒステリックになってしまうことがあります。
また、犠牲や我慢、抑圧が多いために、病気を引き起こすこともあります。

(問題を乗り越えるために)
痛みを背負うのではなく、手放す勇気が必要です。
家族を助けるための犠牲はオーバーワークになって自分への攻撃を招きます。
被害者にならないことを受け入れ、人を助けていることや周りの家族からの感謝の気持ちを受け取ることが求められています。
自分自身をきちんと見つめ、できる範囲で貢献していくことが大切ですし、もう一方で、周りを信頼し、援助を求めることもこのパターンを変えていくきっかけになります。

 

4.傍観者(家なき子)

家族からは少し距離を置き、外側から家族を眺めています。
また、家族の中に居場所を感じないために、意識は家族の外に向かうこともあります。
客観的な視野を持つために問題点や解決方法が良く見えます。
一般的には次男、次女、あるいは父親がこのポジションに入ることが多いようです。

(抱える問題点)
分離感や孤独感などを多く抱えます。
繋がりが切れてしまっているために、引きこもってしまったり、あるいは、厭世的になってひねくれてしまう場合も少なくありません。
マイペースに物事を進められるものの、どこかしら自信がなく、周りには「自分勝手」な印象を与えることも多いようです。
また、客観的な立場のため、問題点をよく見つけるものの、自分では関わりを避けているので解決するまでには至らず、無力感を強く感じることもあります。

(問題を乗り越えるために)
人に近づくこと、与えること、貢献することが求められます。
誰かとの繋がりを得たときに、あなたが与えられるものがとても多いことに気付けるでしょう。
その視野は多くの人に役立つことを学ぶことができます。

 

5.問題児(悪役、スケープゴート)

ヒーローとは逆に、自分が問題を起こすことにより、家族を助けようとします。
つまり、自分が悪役になることで、他の家族の負の面を全て引き受け、家族が自分の問題から目を逸らすことを可能にします。
例えば、親が周りからあまりいい評判でない場合、子どもが非行に走り、親以上に悪い評判を得ることで、親に向いていた悪い評価をかき消そうとすることです。

(抱える問題点)
罪悪感を潜在的に強く持つようになり、日陰から闇へと暗い意識にとらわれるようになります。
人生に絶望したり、やけになったりすることも少なくありません。
また、存在そのものに意味を感じなくなり、死の誘惑に駆られることも多く、そのため、自己破壊的、あるいは暴力的な行動に出ることもあります。

(問題を乗り越えるために)
あなたがそうして家族を助けていることを受け入れることが求められます。
そして、問題児から真のヒーローになることを選ぶ勇気が必要です。
かつて手の付けられなかった不良少年が、大人になって社会に貢献するように、正しく自分のエネルギーを使うことにより、多くのものを人に与えられることを学びます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

f:id:yumezyuku:20160102133207j:plain

 

 

 

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com