現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。そんな現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

任せることの大切さ。DY先生の「任せる」実践例と完全なる子ども自慢の内容です。(ご容赦ください)


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

 

公式facebookページはこちら

ぜひいいね!をお願いします☆

https://www.facebook.com/現役教師が毎日送るハッピー黒板-830280013753565/

 

 

 

 個人facebookはこちら☆

気軽にメッセージ、友達申請お願いします☆

友達申請の前にはメッセージを頂けると幸いです。

https://www.facebook.com/tsukasa.ninomiya

 

f:id:yumezyuku:20160402120045j:plain

 

いつも私のブログをご覧いただきありがとうございます。

 

今回は、私の実践例と共に、少し子供たちの自慢となってしまいます(笑)

 

こんなに素敵な子がたくさんいるんだよ!!

という少し自己満足気味なブログ内容になってしまうので

 

「そんなもの見たくないわ!!」という方は、どうぞここでそっとページを閉じてください笑

 

もしよろしければ、他の記事を読んでください笑

 

 

それでは書かせていただきます。

 

 

私は、常日頃から

いかに子供たちが「自主的にクラスをハッピーにしようと考えるか」を考えて学級経営をしてきました。

 

 

「ハッピークラスボックス」を設置しクラスのがハッピーになることを実現できるようにしたり

 

www.nino2no.com

 

 

www.nino2no.com

 

 

 

毎朝ハッピー黒板を書いたり 

f:id:yumezyuku:20160101171634j:plain

f:id:yumezyuku:20160101174257j:plain

f:id:yumezyuku:20160101175337j:plain

 

 

 

自分で言うのもなんですが、独特なクラスだと思います。

 

 

そして、この黒板を書いた日から

私がやっていたことを子供達に託しました。

 

f:id:yumezyuku:20160402120045j:plain

 

 

 

それが背面黒板の「ハッピー黒板」

私の学校では、毎朝黒板に「おはよう黒板」として、先生がメッセージを書くことが多いです。

他の先生方もたくさんやられています。

それを私が勝手に「ハッピー黒板」としてたくさん思いを書いているだけなのです。

 

 

しかし、他の先生と決定的に違うところは

私は「子どもに対する指示は絶対に書かない」と決めています。

 

朝学校に来て黒板に「宿題出して、体操服に着替えよう!」と書かれていてもあまりハッピーになれないな〜と私自身が思ったからです。

(他の先生方を否定しているわけではありませんよ。私がそれが苦手なだけです。)

 

しかし、朝来たらやってほしいことなどもあります。

 

そのために、背面黒板を使っていました。

特別な指示があるときはそこに指示を書き、

f:id:yumezyuku:20160402121909j:plain

 

 

何もないときは黒板を解放していました

f:id:yumezyuku:20160402122002j:plain

 

 

 

そんな「背面ハッピー黒板」は

この日限り、子供たちの手に全て任されることになりました

 

 

子供たちが自主的に教室をハッピーにしたいという気持ちを育てたいので

先生だけが独占していても子供の心は育たないので。

 

 

すると

素敵なことが起きました!!

(※ここから子供自慢になりますご容赦ください笑)

 

毎日後ろの黒板は

メッセージでびっしり!!

になりました。

 

それも朝に書くだけではありません。

気づいた時にどんどん書いていくのです。

 

「今日は体育があるから2時間目が終わったら着替えて遊びにいこ〜」

「宿題は出した?学習係チェックありがとう」

「今日は給食にカレーが出るぞ〜」

「お笑いライブやるから見に来てね〜」

「配り係配るものたくさんあるよ〜」

という指示から

 

「今日もDY使って全力で過ごそ〜」

「今日もハッピーに過ごすぞ〜」

「今日は〇〇ちゃんの誕生日!おめでとう!」

というハッピー黒板みたいな使い方まで様々!!

 

 

しかも、指示してそれが終わったら、消してまた新しい気づいたことを書いていく。

 

 子供自身がどんどん気付き、どんどん言葉にしていく。

 

 

「うちの子すごっ!!」

 

はい。完全に自慢になってしまいました。(笑)

 

そのようなことで子供達はどんどん自信をつけていきます。

 

 

気づいたことは形にする。

言葉にする。

自分たちで解決する。

 

その癖がついたら先生は何もしなくてもオッケーになってしまいました。

 

 

怒ることもほとんどありません。

 

嬉しいことが続きます。

 

先生最近全然怒らないよね

子供によく言われました。

 

 

いいえ。怒ることがないのです。

その前にみんなが解決しちゃうから。

その前に対策立てちゃうから。

 

素敵な子供達に囲まれて幸せな先生人生を過ごさせていただいています。

 

f:id:yumezyuku:20160402120045j:plain

 

 

 

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com