現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

2013年2月〜2014年2月 世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。 その後 講演家として1年間で50回、のべ4000人に向けて想いを伝えていました。 その傍ら「夢塾」という塾を立ち上げ 1年間で6校開校。 そんな現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

自己肯定感を高める方法。席替えチャレンジから学ぶ当たり前を感謝に変える方法】


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

 

 

公式facebookページはこちら

ぜひいいね!をお願いします☆

https://www.facebook.com/現役教師が毎日送るハッピー黒板-830280013753565/

 

 

 

 個人facebookはこちら☆

気軽にメッセージ、友達申請お願いします☆

友達申請の前にはメッセージを頂けると幸いです。

https://www.facebook.com/tsukasa.ninomiya

 

f:id:yumezyuku:20160403112829j:plain

 


私のクラスのは

日直が一周したから、月が変わったからという理由で席替えはしません。

 

 席替えをしたかったら

①自主勉強でポイントを貯める
②先生の席替えチャレンジを成功させる

 

というゲーム的な課題をクリアをすることがルールになっています。

 

 


今回の席替えチャレンジは

 

 

当たり前を感謝に変える方法

ゲーム感覚で覚えて欲しいという願いを込めて考えたゲームを考えました。

 

 

 

題して【人のために発見ゲーム】

 

普段何気なく生活している私たちですが、

私たちの身の回りには

 

『なくなったら困ってしまう』

 

『なくなったらこんな生活を送ることができない 』

 

 

 

というような事を
【当たり前】のようにやってくれている人達がいます。

 

 

身の回りのことを全部自分で行うことは不可能ですよね。

 

大人の私たちも、誰かの力なくしては満足に食事すらすることはできません。

 

 


誰かが関わってくれているおかげで
幸せに過ごすことができるのです。

 

例えば、

トイレのスリッパを人知れず揃えている子がいたとします。
その子にとっては当たり前の行動かもしれませんが
次の人のために行動してくれているおかげで、次の人がトイレを快適に使えるのわけです。

 

 

 


そう考えると2つのことがわかってきます。

一つ目は、『自分は誰かに支えながら生きている』ということ

二つ目は、『自分も誰かの役にたっている』ということです。

 

 

 


自分は【当たり前】だと思ってやっている行為でも

 

他の人から見たら
『してくれてありがとう』と思われることはたくさんあるのです。

 

 

「自分も誰かの役に立っている」と考えることがでいると
すると、子どもの自己肯定感は高まっていくと思います。

 

 

当たり前に感謝する+自己肯定感を高める。

 


人のために動いている人を見つけることで生まれる素敵な事はたくさんあります。

 

 

 

f:id:yumezyuku:20160403112829j:plain

 

 

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com