現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

2013年2月〜2014年2月 世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。 その後 講演家として1年間で50回、のべ4000人に向けて想いを伝えていました。 その傍ら「夢塾」という塾を立ち上げ 1年間で6校開校。 そんな現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

【あなたは幸せを見ますか?不幸せを見ますか?全ては物の見方次第。フォーカスを合わせること】


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

公式facebookページはこちら

ぜひいいね!をお願いします☆

https://www.facebook.com/現役教師が毎日送るハッピー黒板-830280013753565/

 

 

 

 個人facebookはこちら☆

気軽にメッセージ、友達申請お願いします☆

友達申請の前にはメッセージを頂けると幸いです。

https://www.facebook.com/tsukasa.ninomiya

 

 

 

f:id:yumezyuku:20160403114431j:plain

 

 


昨日から、子どもたちの席替えチャレンジが始まりました。

 

その詳しいチャレンジ内容とチャレンジの趣旨は、昨日の記事になっているので良かったらご覧ください。

 

 


『人のために発見ゲーム』

 


人のために動いてくれている人を見つけ、それを紙に書いてノートに貼る。

 

 


ただそれだけのゲームですが

子どもたちは真剣そのもの。

 

「スリッパを揃えてた!」

「鉛筆を取ってくれた!」

「先生が授業してくれる!」

「係りの子がプリントを配ってくれた!」

などなど。

 

その日、ふと気がついたことがありました。

 


いつもなら少し聞こえてくる

 

『先生ー!〇〇君が意地悪してくる!』

とか

『できな〜い』『無理〜』

『え〜!!』『疲れた〜』

 

そんな言葉が殆ど聞こえてこなかったのです。

 

 

 

しかし、私からみたら子どもたちの行動自体はほとんど変わっていません。

 

 

いつもどおり真面目な子は真面目で

やんちゃな子は意地悪をしています。

 

しかし 

マイナスな言葉が殆ど聞こえなくなったのです。

 

 

 

これは、

子どもたちの視点が
いつもと違うところに向いていたからではないでしょうか?

 


ゲームとはいえ、【人のために動いている人】を子どもたちは必死に探していました。

 

 

 

すると、マイナスな部分があったとしてもあまり気にならなくなったのではないでしょうか?

 

 


これは、私たち大人にも当てはまると思います。


こんな経験ありませんか??


遅刻しそうになって車を飛ばしている時


普段ならなんともないのに
横入りしてくる車にイライラ!!
青信号なのになかなか進まない車にイライラ!!

「早く行けよ!」とつぶやいてしまったり

 

挙げ句の果てには信号機にまで文句を言ったり・・・

 

これは、自分の視点がどこを向いているかだと思います。

 

 

 

自分だけの時に視点が悪い方に向いているならまだいいですが

それが教育、子育て、部下の教育、友達付き合いなどの

他人と関わる時にマイナスばかり見てしまうと大変です。

 

 

 

 

自分が【欠点ばかり探してしまう】視点で子どもを見ていると

 

その子どもは、欠点だらけの『なんとかしなきゃ子ども』見えてしまいます。

 

 


自分が【良いところを探すことができる】視点で子どもを見ていたら

その子どもは、『自分が学ぶべき素敵な子ども』見えます。

 


どんな子どもにだって欠点もあれば、良いところもあります。

大人の私たちも同じことです。

 


欠点を見つけてあげて
そこを補う教育も大切な事だとは思いますが

 


良いところを見つけてあげて
そこをどんどん伸ばす教育の方が大切だと私は思います。

 

 

 

どちらに偏りすぎるのではなく、大人は
両方の視点から子どもを見て

子どもに気付かさせてあげるべきではないでしょうか??

 


子どもに対してイライラしている時は
子どもの【欠点】にフォーカスが向きすぎている可能性があるということを頭に入れておいてください。

 

偏りすぎず
良い面もフォーカスを当てていく事も大切ではないでしょうか?

 

 

f:id:yumezyuku:20160403114431j:plain

 

 

 

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com