現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

2013年2月〜2014年2月 世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。 その後 講演家として1年間で50回、のべ4000人に向けて想いを伝えていました。 その傍ら「夢塾」という塾を立ち上げ 1年間で6校開校。 そんな現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

【夢を見るときに気をつけておきたい大きな勘違い。夢を叶えること=幸せではない。大切なのは〇〇作り】


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

公式facebookページはこちら
ぜひいいね!をお願いします☆

https://www.facebook.com/現役教師が毎日送るハッピー黒板-830280013753565/


 
 
 
 個人facebookはこちら☆
気軽にメッセージ、友達申請お願いします☆
友達申請の前にはメッセージを頂けると幸いです。

https://www.facebook.com/tsukasa.ninomiya


 

 

f:id:yumezyuku:20160403120316j:plain

 
 
 
小学生くらいの年齢の子供たちには
『夢を持つこと』に対する授業や行事などがよく行われます。
 
 
夢を持つことが素晴らしい!
夢を叶えるために頑張ろう!
 
そうやって教わる子供たちは
『夢を叶えること』=『幸せになること』
と勘違いしてしまうことがあります。
 
確かに自分の理想の夢が叶い、理想としていた未来がやって来たら幸せですよね。
 
 
 
しかし
 
勘違いしてはいけません。
 

『夢が叶うから幸せになれる』は
大きな間違いです。
 
 
 

夢に描いていた野球選手に慣れたとしても幸せになれない人もいます。
逆に夢に描いていた野球選手に慣れなくても幸せに過ごしている人もいます。
 
 
 
夢があるから幸せ
という訳でもありません。
 
 
 
 
夢が叶う、叶わないに関わらず
 
幸せは自分の心が決める
のです。
 
だからこそ、
外見や世間体のために夢を選んだり
そのために努力するのではなく
 

いつでも、どんな時でも
自分が幸せを感じられるように
幸せを感じられる心を育てることが大切なのです。
 
 
 
夢を見ることがいけないのではありません。
むしろ夢を絵描くことは人生をワクワクさせる一つの道具です。
 
 
だからこそ、私は「夢を持とう」と子どもたちにいいます。
 
 

しかし、それ以上に
『自分の今と未来に対して真剣に向き合え』と言います。
 
見てくれを気にした、他人の目を気にした夢を大事に育て 
叶っても幸せを感じられない
と思う前に

夢が叶わないと幸せになれないと思ってしまう前に
 

まずは心を育てましょう。

自分の今と真剣に向き合い、未来を本気で考えるからこそ
心は成長していきます。
 

親や先生がいくら真剣になっても仕方ありません。 

『自分の人生は、自分しか生きられない』

その子の代わりにその子の人生を生きてあげることはできないのです。
 
たった一回の人生。
どんな時でも幸せを感じられる心作り。

それは、夢を持つことではなく
【今と未来に真剣に向き合うこと】だと私は考えています。