現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

2013年2月〜2014年2月 世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。 その後 講演家として1年間で50回、のべ4000人に向けて想いを伝えていました。 その傍ら「夢塾」という塾を立ち上げ 1年間で6校開校。 そんな現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

【夢を叶えるための方法。自分の夢を人前で語ることの大切さと、夢を語る上で大切なこと】


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

公式facebookページはこちら
ぜひいいね!をお願いします☆

https://www.facebook.com/現役教師が毎日送るハッピー黒板-830280013753565/


 
 
 
 個人facebookはこちら☆
気軽にメッセージ、友達申請お願いします☆
友達申請の前にはメッセージを頂けると幸いです。

https://www.facebook.com/tsukasa.ninomiya

   

 

f:id:yumezyuku:20160514173522j:plain

この時の4年生の子どもたちは、もうすぐ二分の一成人式。

 


私の学校では、自分の夢を発表する時間を作りました。

 

 

そのために、子どもたちは原稿を書いて何度も何度も練習を重ねています。

  

 

 

その発表練習を見ていて
気になった事があったので、黒板にしてみました。

   

 

みなさんが子供達の練習の風景を何も知らずに見たら  


『暗記コンテスト』でもやってるんじゃないかと思うでしょう。

  

  

  


目線は斜め上を見ていたり
斜め下を見つめていたり


表情に笑顔はなく

「うまく言えているか」不安そうな顔。

 


多分子どもたちの中で
『間違えないように言わなきゃ』
という想いが強かったのでしょう。

 

 

  

しかし、
夢を語る上で大切なのことは


夢を叶える上で大切なのは

 

  

  

【間違えない】ことではありません。

 

 

  


まず大切なのは

  

【人前で自分の夢を語ること】
です。つまり、
この式そのものが大切なのです。

 

  

 


その経験がたくさんあるかどうかです。

 

  

それを
『笑われたらどうしよう』
『バカにされたらどうしよう』
『どうせ叶わない』
『夢を語るのが恥ずかしい』


という理由で話そうとしない大人が多い。


それは、子どもからそのような経験をしてこなかったのか

気持ちが避けていたからでしょう。

 

 

そして、
夢を語る上で大切なこと

それは
【自分のワクワクを聞いてくれている人に伝える】ことです。

 




『この人、夢を語るとき本当に楽しそうだな。』

 

そんな人を人は応援したくなるものです。

 

まずは、自分がワクワクしなきゃ始まらない!!

 

人目を気にする前に
自分がどう思われているかを心配する前に
自分がちゃんと伝えられているか心配する前に

 

【自分の夢にワクワクすること】
そこが出発点だと思います。

 

 

  

f:id:yumezyuku:20160514173522j:plain

 

 

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com