現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

2013年2月〜2014年2月 世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。 その後 講演家として1年間で50回、のべ4000人に向けて想いを伝えていました。 その傍ら「夢塾」という塾を立ち上げ 1年間で6校開校。 そんな現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

【子どもは信じて伸びる。信じて任せた結果、こどもはどうなった??結果報告付き記事】


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

公式facebookページはこちら
ぜひいいね!をお願いします☆

https://www.facebook.com/現役教師が毎日送るハッピー黒板-830280013753565/


 
 
 
 個人facebookはこちら☆
気軽にメッセージ、友達申請お願いします☆
友達申請の前にはメッセージを頂けると幸いです。

https://www.facebook.com/tsukasa.ninomiya

f:id:yumezyuku:20160514174928j:plain

 

昨日の記事の結果報告です。

信じた子どもたちはどんな動きをしたのでしょうか。

もしよろしかったら前回の記事をご覧ください。

  


子どもに
『こんなことができるようになってほしい』と思った時

『これをやめさせたい』
と思った時

 

どんな行動をとりますか??

 

指示する
褒める
叱る


いろいろあると思いますが


それぞれ良いところ、悪いところがあり、場合によって使い分けられると良いと私は思います。

 

 

たとえば、その時の行動をいますぐやめさせなければならない場合には
『叱る』ことは有効かもしれません。


子どもが何をしたら良いのかわからない場合は『指示』が有効でしょう。


私もすべてにおいて出来てはいませんが

 

 

子どもをしっかりみて、その時々にあった対応をしたいと思っています。

 

 

こどもの心をやる気にさせ、それを継続できる子どもになってほしい時

  

私は【信じる】事が大切ではないかと思っています。

 

子どもに
自分の成長する環境である「教室」を大切にしてほしい
そして、その気持ちをいつまでも持ち続けてほしいと思い

 

信じることにしてみました。

 

 詳しくは前回の記事をご覧ください。

  

 


簡単に説明しますと、
私が毎日行っていた
子どもが帰った後にしていた4つのことのうち3つを子どもに託してみました。

 

  


普通はやりたくないような
3つのこと。

 

 

なにも指示することなく、叱ることもなくただただ信じる。

  

  


すると

   

   

結果は  

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 
机拭きは教室掃除が時間を使って
机の整頓は全員で
掃き掃除は二人の子どもが
率先してやっていました。

  

 

 

 

 

嫌な顔1つせず
誰かに言われたわけでも
指示されたわけでもなく

 

 

 

ただただ笑いながら
楽しみながら。

  

 

 

そして、一人の男の子がこんな事を言っていたのです。
『そうじって意外に楽しいね!!』




まだ数日ですが

 

『これをしなさい!』『あれをしなさい!』と言っていたら

進んで、笑顔でそうじをすることはないでしょう。

  

 


信じることは意外に難しかったり、手を出したくなったり、指示したくなったりします。


しかし、その時に本気で子どもを信じること。

 

大人が信じて待つ事が大切だと思います。

  

f:id:yumezyuku:20160514174928j:plain

 

 

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com