現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

2013年2月〜2014年2月 世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。 その後 講演家として1年間で50回、のべ4000人に向けて想いを伝えていました。 その傍ら「夢塾」という塾を立ち上げ 1年間で6校開校。 そんな現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

【真似ることは学ぶこと。真似ることが自分にとっていい理由】


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

公式facebookページはこちら
リアルタイムで発信中!ぜひいいね!をお願いします☆
https://www.facebook.com/現役教師が毎日送るハッピー黒板-830280013753565/
 
 
 
 個人facebookはこちら☆
気軽にメッセージ、友達申請お願いします☆
友達申請の前にはメッセージを頂けると幸いです。
https://www.facebook.com/tsukasa.ninomiya

 

 

f:id:yumezyuku:20160807104538j:plain

 

この日、このクラスにとても凄いことが起きました。

 

なんと

  

  

ハッピークラスボックスで子どもたちが提案して作った企画が

  

  

隣の学校に『まね』をされました!

 

たまたま、学校を訪問された先生が、教室の掲示を見て、始めたそうです。

 

  

  

内容は【自主勉ポイント】

  

  

自主勉強をしてきたら、先生に提出。5ポイント満点で点数をつけてもらい、そのポイ

ントをクラスみんなで貯めて

  

  

  

席替えやレクの時間を買うという制度です。
しかも、この『子どもたち』が作った制度を

  

  

  

隣の学校の『先生』が
これはいいなーとまねをして行ったそうなんです。

  

  

  

 

子どもたちの反応は2パターンありました。 

  


『やったー!!!俺らのことが真似されて学校をこえたー!!』

と喜ぶ子どもたちと

  

 

『ちょっとー!パクられた!!俺らが考えたのに!』

と怒る子どもたち。

 

  

  

  

その時に話したことは
『まねをされるって凄いことだよ。
まねをされるってことは、まねしたいくらい凄いってこと。
ハッピーなことやいいと思ったことは、どんどんまねしてもらったら、どんどんハッピーが広がる。みんながハッピーの発信地になれるんだよ!』

 

  

  

  

そして、黒板では、
【真似をすることの大切さ】を伝えました。

  

 

勝手に真似てはいけないものもありますが

  

 

勉強や習い事などをいち早く習得するためには


【守】【破】【離】の順に学んでいくことが大切だと言われています。

まずは


【守】
これが『まねる』こと。
教えに忠実に、しっかりの真似ること。

この事を知っていると良いことがあります。

 

それは、【真似るべき対象を自分で探す目をもてる】ということ。


真似る対象はいないかと探すということは

『人の良いところを探す』癖がつくのです。

『まねる』ことをするだけで

成長が早くなるだけでなく

人の良いところを見つける人になれるのです。

 

 

どんどん真似ていきましょう。どんどん真似されていきましょう。

それが、成長に繋がっていきます。

  

 

過去の記事はこちら。

 

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com