現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

2013年2月〜2014年2月 世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。 その後 講演家として1年間で50回、のべ4000人に向けて想いを伝えていました。 その傍ら「夢塾」という塾を立ち上げ 1年間で6校開校。 そんな現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

【思い込みを捨てる。100%自分が正しいという思い込み、世間は正しいという思い込みを捨てることで見える世界がある。自分の当たり前を疑った幅が成長の幅になる】


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

 

 

f:id:yumezyuku:20160807105221j:plain

 

 

この日私は、子供たちの反応をみて
とても悲しくなったこと 自分の力のなさを感じた事がありました。

 

 


それは『宿題』についてです。

 

 

私は、毎日同じような宿題を出しています。プリント、漢字、音読など。

  

 

その配布するプリントが足りなかったため「漢字の宿題を増やすよ」と言ったところ

  

 

『えーーーー!!』
『せめて音読を増やして!』


と嵐の如く言われました。

 

また、ことあるごとに

  

『宿題無しにして!』
『これできたら宿題なし?』

と子供達は聞いてきます。

 

  

これはすごく悲しくなりました。

私は教員をする前
『勉強を楽しくさせる』塾を経営していました。

 

しかし、
教員という職につき

約1年ずっと一緒に過ごしてきた子どもたちは

 

『勉強』=面倒くさい
『勉強』=つまらない

 

と感じていたということです。

 

 

 

塾で培ってきた知識と経験、実績は


目の前の子どもを勉強好きには出来なかったようです。

 

 

普通の人からしたら


『そんなの当たり前でしょ』と言われるかもしれません。

 


しかし、その当たり前を刷り込まれた子どもは


なかなか勉強を進んですることは出来ないでしょう。

 


私自身

 

【宿題はあって当たり前】


【授業は教科書を使って知識を伝えることが当たり前】


【宿題は提出して当たり前】

 


などの当たり前になんの疑いもなくやっていたのかもしれません。


だからこそ

 


子どもも『勉強』=つまらない

 


の当たり前を信じ切っているのではないかと思ったのです。

 

 

そう思っている間は、


私がいかに勉強の楽しみ方や、宿題をしっかりこなすことや

勉強を楽しむことで得られる素敵な未来を話しても

 

 

勉強を楽しむ子どもは現れません。

 


まずは、その当たり前に
少し穴を開けることです。

 


『勉強は楽しい』というのは難しいなら

 


『もしかしたら勉強は楽しめるのかも?』
というくらいの気持ちにさせてあげるその一歩。
それが何より重要だと感じます。

勉強のみならず
その当たり前の先に自分の新しい未来がある。

その当たり前を疑った幅が自分の成長の幅です。

 

 

 

 

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com