現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

2013年2月〜2014年2月 世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。 その後 講演家として1年間で50回、のべ4000人に向けて想いを伝えていました。 その傍ら「夢塾」という塾を立ち上げ 1年間で6校開校。 そんな現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

【チーム力を高める。最高のパフォーマンスをするために、最高の思い出をつくるために合わせるべき3つの事】


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

公式facebookページはこちら
リアルタイムで記事を載せています。ぜひいいね!をお願いします☆
https://www.facebook.com/現役教師が毎日送るハッピー黒板-830280013753565/
 
 
 
 個人facebookはこちら☆
気軽にメッセージ、友達申請お願いします☆
友達申請の前にはメッセージを頂けると幸いです。
https://www.facebook.com/tsukasa.ninomiya

 

 

f:id:yumezyuku:20160807110637j:plain

 

 

仕事でも

スポーツでも

勉強でも

遊びでも

 


チームを組んだり、組織で動く事が多々あると思います。

 

 

その中で
最高のチームワークを発揮したら

 

いい結果にもつながると思いませんか?

 


また、結果がどうあれ
いま持てる力を十分に出し切れたなら
チームとして後悔がなくなると思いませんか?

 

 

私はそのためには3つの事を合わせるべきだと考えています。

 

 

①目的を合わせる

どんなスター選手が揃っていようと目指している目的地が違えば力は発揮出来ません。
当たり前のようですが、これを安易に考えてしまうと次の行動が取れなくなってしまうのです。
子どもたちに良く言うのですが
目的を『絶対勝つ』や『優勝する』というような曖昧な目的にしていませんか??

 


よく考えてみてください。

 


みんなで車に乗って、どこか行きたい!と思ったとしましょう。

そんな時にカーナビに
『東京』
と打ち込んだら
カーナビは反応してくれるのでしょうか?
そして、乗り込んだ人たちはどこかにたどり着く事ができるのでしょうか?

 

 


もちろんできないですよね。

それと同じです。


だからこそ目的は詳しく設定する方がいいのです。

 

そこで大切なのが『数字』です。

特に相手に左右されない『数字』です。

今回私たちの場合は縄跳び。

最初の目的は『優勝』とかでした。

しかし、優勝は相手に左右されます。

 

それでは目的も曖昧で、数字も相手に左右されてしまいます。
なので、まずは『優勝するためには何回跳たら優勝できそうか』を徹底的に調べました。

 

そして

・回数を決めました。

・その数字を越えるために、何ができるのかを徹底的に考えました。

「本番までに何回の練習をしよう。」
「最低何回は参加しよう。」
「毎日成長グラフを記入しよう。」

 


というような事が目的になりました。

これが目的になれば
みんなで一緒に走り始める事ができますよね。

 

 

 

 

②想いを合わせる

みんなでチャレンジをしていると

辛くなる時や、歯を食いしばって前に進む事も必要になる時があります。

目的意識だけでは心が折れそうになる時があります。

 

少しくらいと思ってしまう
バレなきゃいいやと思ってしまう時があります。

そんは時に助けてくれるのが

 

仲間の想い。

 

『あいつが頑張ってる』

『あいつが支えてくれる』

『あいつを支えたい』

 

そんな仲間への信頼と想いが前に進む力をくれるのです。

 

 

 

③心を合わせる

 


目的を合わせたとしても

 

それぞれ得意不得意があったり

 

かならず熱量が違います。

 

リーダーの人はやる気満々だけど
うまくできない人はそこまでやる気が出ない
なんてことはありませんか??

 

 

そんな時に大切なのが

 

心を合わせること。

 

その時に、

『なんでやらないんだよ!』とか
『あいつのせいで負けそう』とか

 

苦手な人、熱量が低い人を責めてもチーム力は高まりません。

だからこそ、心を合わせる。

 

 

熱量が違うのは当たり前。

 

リーダーは部下のことを考え

 

部下はリーダーのことを考える。

 

できる子は苦手な子のことを考え

 

苦手なはできる子のことを考える。

 


この3つを合わせることができたら
素敵なチームができるとおもいます。

 

ぜひ参考にしていただけたらと思います。

 

 

f:id:yumezyuku:20160807110637j:plain

 


https://www.facebook.com/現役教師が毎日送るハッピー黒板-830280013753565/
 
 
 

 

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com