現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

2013年2月〜2014年2月 世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。 その後 講演家として1年間で50回、のべ4000人に向けて想いを伝えていました。 その傍ら「夢塾」という塾を立ち上げ 1年間で6校開校。 そんな現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

【口癖の大切さ。口癖が人生を作る。勉強ができる子の口癖は?リーダーになる子の口癖は?愛される人の口癖は?楽しい人生を作る口癖は?】


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

f:id:yumezyuku:20160807123018j:plain


口癖は人生をつくる。
よく言われることです。

  

 

最近、それを実感する場面にたくさん出会います。

 

  

毎日毎日子どもたちと接していると
この【口癖】の素晴らしさと怖さを両方実感します。

  

  


ずっと子どもと接しているからこそ分かることです。

 


勉強ができる人の口癖

リーダーになる人の口癖

愛される人になる人の口癖

楽しそうに生きている人になる口癖

 

逆に

 

 

勉強ができなくなってしまう人の口癖

金魚のフン状態になってしまう人の口癖

みんなから煙たがられる人の口癖

いつも暗い顔でいる人口癖 

 

 

 

なんとなくわかって来ました。

 

  


これは、素直に心を表現する子どもたちだからこそ顕著に現れてくると思います。

  


これが全てではないですが少しだけご紹介します。

 


まず、勉強ができるようになっていく人の口癖

 


これは、本当に顕著です。それは
『へ〜!』

『そーなんだー!』

『なるほど〜!』

です。

 


授業中にその言葉をよく使う子ども

またよく頷きながら話を聞いている子どもは、吸収がとても早い。

 

 

逆に出来ない人の口癖は決まって


『難しい』

『出来ない』

『無理』

『え〜』です。

 

 

リーダーになっていく人の口癖

 

『どーしたら』

『とりあえずやってみよ』

『〜がいい』

です。
何かあっても、

『どーしたらいいかなー。』
『とりあえずやってみよー』


そんな口癖の子が、クラスを引っ張っています。

 

 

 

逆にそんな子について歩いている子の口癖は

『どっちでも』

『〜でいい』

『どーせ』

などです。

 

 

愛される人の口癖

 

『すご〜い!』

『マジで?!(ほんとに?!)』

などです。

 

 

逆に煙たがられる人の口癖


『でも』

『それより(こどもは、ってかさぁー と使っています)』

などです。

 

 

私たちは無意識にその口癖を発しています。

 

勉強が出来るからそんな口癖になるのか

 

そんな口癖だから勉強が出来るようになるのか

 

それはどちらが先かは分かりません。

 

 

 

しかし、

 

口癖は確かにその人の性格を表しているのです。

その人の人生を表しているのです。


心で思っていなくても
まずは口癖を見直してみる。
無意識だからこそ、意識していかないと治らない。

まずは自分がどんな口癖を持っているのか意識してみてはいかがでしょうか??

  

  

f:id:yumezyuku:20160807123018j:plain

 

公式facebookページはこちら
リアルタイムで記事を載せています。ぜひいいね!をお願いします☆
https://www.facebook.com/現役教師が毎日送るハッピー黒板-830280013753565/
 
 
 
 個人facebookはこちら☆
気軽にメッセージ、友達申請お願いします☆
友達申請の前にはメッセージを頂けると幸いです。
https://www.facebook.com/tsukasa.ninomiya

 

 

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com