現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

2013年2月〜2014年2月 世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。 その後 講演家として1年間で50回、のべ4000人に向けて想いを伝えていました。 その傍ら「夢塾」という塾を立ち上げ 1年間で6校開校。 そんな現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

【当たり前だけど忘れてしまうこと。「ありがとう」は身近に溢れている。皆さんは気づいていますか?イライラ中は感謝と切れている時】


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

f:id:yumezyuku:20160807123346j:plain


私たちは「ありがとう」をちゃんと言えているでしょうか。
  
   
今回は「ありがとう」について黒板に書きました。

普段私たちはどれくらい感謝を伝えることができているでしょうか?
  
   
   
普段、何気なく使っているこの言葉
「ありがとう」
どんな思いを込めて、どんな気持ちを込めて言っているでしょうか?
  


  
いつも


忙しい仕事に追われたり
勉強に追われたり
やるべきことに追われたり
何かを追いかけることに追われたり
「しなければならない」に追われたり
「何かしなければ」に追われたり
  

 


そんな日常にいると、

「ありがとう」に気づかなかったり

「ありがとう」が軽くなってしまう気がします。
  
  
  
そう言っている私自身もそうです。
でも本人は十分に感謝してるって思っているから不思議なものです
  
  

なので、私は意識的に「感謝」をするようにしています。
  
  
それは、「ありがとう」をいつもの倍以上言うようにするという単純なものです。
  
  
以前、私がまだ教員をやっていなかった頃、自分の人生の大先輩から


「毎日ありがとうを1万回以上言ってみな。最初は分からんでも気持ちが変わってくるから。」


と言われ、
毎日片道1時間以上の通勤時間
バイクに乗りながらず〜〜〜〜〜〜〜〜〜っと繰り返していました。
「ありがとう」「ありがとう」「ありがとう」「ありがとう」・・・・
  
  
最初は「何か変わるの?分からん」って思っていました。
でも
  


何日も何日も繰り返していくと


ある回数が増えました
  

 

 


それは「ありがとう」を見つける回数です。
  
  
それともう一つ
  
「笑顔に気づく回数」が圧倒的に増えました。

 

 

それは、

周りの笑顔もそうですが
「自分の笑顔」にもたくさん気づくことができるようになったのです。
  
  
  
何かに追われている時
何かに必死になっている時
悩んでいる時怒っている時
イライラしている時

そんな時は「ありがとう」と離れている時だと思います。
  
  
  
子供たちは今
「ありがとうポスト」というものを活用し、友達や先生にありがとうを伝えることをしています。
  
  
このような制度は素敵だなと思います。
  
  
普段感謝を感じていても言葉にできない、する機会がないと思ってしまいます。
 
  
  
最近悩んでいる最近上手くいかない
そんな方は、「感謝」と繋がっていない時かもしれません。


そんな方は今持っている幸せに感謝の手紙を書いてみたり

 

小さな出来事に「ありがとう」を口にしてみてはどうでしょうか??

 

f:id:yumezyuku:20160807123346j:plain

 

公式facebookページはこちら
リアルタイムで記事を載せています。ぜひいいね!をお願いします☆
https://www.facebook.com/現役教師が毎日送るハッピー黒板-830280013753565/
 
 
 
 個人facebookはこちら☆
気軽にメッセージ、友達申請お願いします☆
友達申請の前にはメッセージを頂けると幸いです。
https://www.facebook.com/tsukasa.ninomiya

 

 

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com