現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

2013年2月〜2014年2月 世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。 その後 講演家として1年間で50回、のべ4000人に向けて想いを伝えていました。 その傍ら「夢塾」という塾を立ち上げ 1年間で6校開校。 そんな現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

【武井壮から学ぶスランプ脱出法!何をやってもうまくいかない。調子が悪い。スランプの捉え方と乗り越え方】


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

f:id:yumezyuku:20160809140848j:plain

 

 

頑張ってるんだけどなかなか成果が出ない。

努力している割に結果がついてこない。

やり方が間違ってるのかな?

もしかしたらずっとこのままかも。

自分に才能がないからなのかな。

 

 

そんな風に思ってしまったことはありませんか??

 

俗に言う【スランプ】というやつです。

 

 

何故か人はスランプになると焦ります。

 


百獣の王『武井壮』は運動においてのスランプについてこう言っています。

 

f:id:yumezyuku:20160809141232j:plain

 

 


【スランプは頭と身体のズレ】

 

 


頭ではこう動かしている!

と思っている動きと

実際に動いている身体の動きにズレが生じている

 

からだそうです。

 

 

勉強でのスランプ
仕事でのスランプ
子育てでのスランプ

 

そんなスランプも私は同じだと思っています。

 

【頭の中の『これだけやったんだからこれだけの結果が出て欲しい』という思いと実際の結果のズレ】

 


ではないでしょうか??


だから焦ってしまい

 

不安になってしまい

やる気がなくなってしまう。

 

しかし、せっかく

 

『こうなりたい』というイメージがあるのに、理想があるのに

現実をみて諦めてしまうのは、もったいないですね。

 

 

私は

 

 

スランプの捉え方を変えれば大きく成長できると思います。

 

 

私もよくスランプに陥ります。

 

 

 

その時はこう思うようにしています。

 

 

【スランプは、大成功前の助走】

 

 

 

大きく遠くにジャンプするためには

 


『助走』が必要です。

 

一見後ろに下がっていますが、それはより前に進むための準備段階。

 

 

高く上に飛ぶためには、大きく屈む事が必要です。

 

一見下に行っていますが、それは大ジャンプのために必要な作業。

 

 

スランプってそんなものではないでしょうか?

 

実際乗り越えると、大きく成長できて

 

素敵な結果が待っています。

 

 

だからこそ

 

スランプが来たらあえて声に出して『よし!』と言ってみて下さい。

 

頭の中では『うわー最悪』『なんでだー』と思っていても

 

声には『よし!来た!』と言うことで

 


気持ちが前に向きます。

 

 

すると『なにがダメなのか』より
『どうしたらいいのか』を考えられるようになります。

 

 

どうしたら乗り越えてヒーローなれるか
どうしたら楽しめるのか
それを考えられたらスランプ脱出はちかいですよね。

 

 

 

 

武井壮の「大人の育て方」が本当に勉強になります。

よかったらご覧ください。

 


【武井壮の「大人の育て方」がマジ凄い!】オトナの学校 完全版

 

f:id:yumezyuku:20160809140848j:plain

 

 

公式facebookページはこちら
リアルタイムで記事を載せています。ぜひいいね!をお願いします☆
https://www.facebook.com/現役教師が毎日送るハッピー黒板-830280013753565/
 
 
 
 個人facebookはこちら☆
気軽にメッセージ、友達申請お願いします☆
友達申請の前にはメッセージを頂けると幸いです。
https://www.facebook.com/tsukasa.ninomiya

 

 

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com