現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

2013年2月〜2014年2月 世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。 その後 講演家として1年間で50回、のべ4000人に向けて想いを伝えていました。 その傍ら「夢塾」という塾を立ち上げ 1年間で6校開校。 そんな現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

【目を向けるべきところは、直すべき短所ではなく、伸ばしたい長所。どこを見るかで心は変わる。】


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

f:id:yumezyuku:20160809141741j:plain

 

物事には、必ず表と裏があります。

 

 表と裏の関連記事はこちらです。

www.nino2no.com

www.nino2no.com

 

 

生と死

 

成功と失敗

 

朝と夜

 

長所と短所

 

好きと嫌い

 

 

 

その表と裏は、どうしたって両方生まれてきます。

 

 

どちらかだけずっとやっていたい

 

という風には出来ません。

 

 

ずっと生きていけるわけではないし。

ずっと成功し続けることもできません。

ずっと朝でいられるわけでもありません。

 

 

 

 

生きているということは必ず死ぬということです。


成功するためには失敗が必ずあるということです。

 

朝が来るということは必ず夜がくるということです。

 

長所があれば必ず短所があるということです。

 

 

しかし、私たちは、

そのことを忘れてしまってはいないでしょうか??

 

 


目の前の子どもたちの『直すべき欠点』


目の前の部下の『足りない部分』

 

友達、恋人の『直して欲しい部分』

 

そして
自分の『短所』

 

 

そこにフォーカスをして

 


相手を変えるために力を使っていないでしょうか?
自分の欠点を変えるために一生懸命になっていませんか

 

 

 

確かにそれも大切かもしれません。
マイナスを無くせばプラスになります。

 

 

しかし、その考え方や物の見方だけみると

 

 

その【欠点を見つける】力は
あまりハッピーになれるようには思えません。

 

 

物事には必ず


表と裏があります。

悪いと思う所もあれば

 

必ず

 

良い所もあるのです。

 

 

 

『あいつはダメな所ばかりだ』
と欠点ばかり見ている人と
『あいつには良いところもある』
と長所を見れる人では

 

 

周りの環境も自分の気持ちも全然違ってきます。

 


ダメな所を探すプロになってしまうと

周りの人や環境に【文句】が出ます。

 

 

 

良い所を探すプロになると
周りの人や環境に【感謝】が出ます。

 

 

そして、


自分にも同じことが言えます。

自分の欠点ばかり探してしまう人より

自分の長所を探せる人の方が幸せでしょう。

どちらも持っている表と裏。

 

 

どうせ見るなら

まずは表を見るのはどうでしょうか?

裏を見つめるのはその後でも遅くはないのでしょうか??

 

 

f:id:yumezyuku:20160809141741j:plain

 

公式facebookページはこちら
リアルタイムで記事を載せています。ぜひいいね!をお願いします☆
https://www.facebook.com/現役教師が毎日送るハッピー黒板-830280013753565/
 
 
 
 個人facebookはこちら☆
気軽にメッセージ、友達申請お願いします☆
友達申請の前にはメッセージを頂けると幸いです。
https://www.facebook.com/tsukasa.ninomiya

 

 

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com