現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

2013年2月〜2014年2月 世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。 その後 講演家として1年間で50回、のべ4000人に向けて想いを伝えていました。 その傍ら「夢塾」という塾を立ち上げ 1年間で6校開校。 そんな現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

【命の授業。もし、自分の命が明日無くなるとしたらあなたは何をしますか??】


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

f:id:yumezyuku:20160809142702j:plain

 

この日、道徳の授業の教材で、「命の大切さ」についての話を行いました。

 

 

 

そしてその時、

教員をやる前、私が塾を経営していた頃に保護者の方向けに行っていたワークショップの内容を子どもたち向けにアレンジして授業の後半に行ってみました。

 

 

 


つい最近、私自身、同じ位の年齢の旅人の友達が亡くなりお葬式に行ったばかりで

その時の話も子どもに伝えていて

 


自分自身にとっても命の大切さを考えるには
いいタイミングでした。

 


人は、知らず知らずの間に
分からないこと、怖いことを遠ざけてしまう傾向にあります。

 

 

その一番の典型的なものが
【死】ではないでしょうか??

 


しかし、必ず訪れるものです。

 

 


人生の終わりが来た時

【幸せな人生だった】と心から言える人生を送るためには

 

 

 

その死について

想像力を働かせて考えそれまでにどう何をしていたいかどうなっていたいかを描く必要があります。

 

 

 

人間と動物の決定的な違いは

【想像力】です。

 

 

 

人は経験していないことも

想像を使い擬似体験できるのです。

 

 

 

それをうまく使うことによって

進化を続けてきました。

 

 

少し怖いですが少しいやなイメージがあるかもしれませんが
【死】と向き合う事が幸せに生きる為に必要な事だと私は思います。

 

 

 

 

質問はたった一つ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【もし、あなたが明日死ぬと分かったら、今日一日中何をしますか??】

 

 


あの世にはお金は持っていけません

 


あの世にはゲームも食べ物も家も車も鞄も何一つ持っていけないのです。

 

 

そんな中子どもたちから出た答え。

 

そこに全てが詰まっていました。

 

 

『お母さんにありがとうっていっぱい言う』
『死ぬことを忘れて友達と思いっきり笑いたい』
『お父さんとキャッチボール』

 

 

それが答えではないでしょうか?

 


お金をたくさん儲ける ではなく

宿題を忘れないようにする ではなく

欲しい車を買う でも

友達や同僚の文句を言い合う でもなく

 

 

 

もっと身近に『本当にやりたいこと』は落ちています。

しかし、ほとんどの人は

 

 

『恥ずかしいから』
『また機会があったら』
『やるべきことがあるから』という理由で

 


本当にやりたいことを死ぬまでやらなかったり

 

死ぬ直前に後悔したりするのです。

 

 

それ、今やりませんか??

 

 

 

人間の武器【想像力】を使って。


出来なくて後悔する日が来る前に

 

今すぐやってみませんか??

 

 

 

f:id:yumezyuku:20160809142702j:plain

 

 

公式facebookページはこちら
リアルタイムで記事を載せています。ぜひいいね!をお願いします☆
https://www.facebook.com/現役教師が毎日送るハッピー黒板-830280013753565/
 
 
 
 個人facebookはこちら☆
気軽にメッセージ、友達申請お願いします☆
友達申請の前にはメッセージを頂けると幸いです。
https://www.facebook.com/tsukasa.ninomiya

 

 

 

 

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com