現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

2013年2月〜2014年2月 世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。 その後 講演家として1年間で50回、のべ4000人に向けて想いを伝えていました。 その傍ら「夢塾」という塾を立ち上げ 1年間で6校開校。 そんな現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

【何を大切に子どもを育てるか。子どもに何を伝えるか。〜本当に大切なものは目に見えない〜】


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

f:id:yumezyuku:20161112135927j:plain

 

 

「君は先生なのか。だったら【自分はこれを子どもに伝えるんだ!】という何かを一つもちなさい」


これは、私が教師になる前
世界一周をしていた時に、インドネシアのとある学校の校長先生からいただいた言葉です。


その学校は、ボランティアをさせてもらおうとたまたま飛び込みで行った学校でした。


お昼前の時間で
先生達は校舎の外でタバコを分け合って吸っていました。
その中に校長先生も交じって仕事の話や遊びの話をしていました。


その先生達と仲良くなり、夕飯をご一緒させてもらった時に、校長先生からその言葉をもらいました。



私たちは、子どもの前にたつと
「あれも教えたい!」
「これも大切だ!」
と、多くの事を子どもに求め、指導しがちになってしまいます。


子どもの悪いところが目につくと、それを修正しようとします。

それ自体は悪くはないとは思いますが
先生の「信念の軸」は曲げてはいけないと思います。


その校長先生の軸は【フレンドシップ】でした。その通り先生、生徒が本当に仲良く和気藹々としていました。


私は、子供達に伝えたいことは
「仲間を大切にする」
「自分を大切にする」というこです。


それは、先生や親それぞれ違ってもいいと思います。
たくさんの人が関わって子どもを育てていく。
そして、そのたくさんの価値観の中から、大切だと思う価値観を子どもが受け継ぎ、次の世代へ繋げていってくれたらと思っています。


そして、今回の黒板のお話です。

その「仲間」と「自分」を大切にするために
具体的に何を大切にしてほしいかというと

【目に見えないもの】だと私は思っています。


例えば
テストの点数が悪くなることはよくあると思います。
そんな時、


「テストの点数」という【目に見えるもの】ばかりを気にすると


「なにか不安なことがある」
「子ども自身も悔しいと思っている気持ち」という【目に見えないもの】に気がつきにくくなります。



喧嘩をしてしまった子を発見した時
「喧嘩が怒った原因」「誰が先に手を出したかなどの事実」という【目に見えるもの】ばかり気にしていると


「攻撃してしまった側の気持ち」
「攻撃された側の心」
「いまどう思っているのか」などの【目に見えないこと】に気がつきにくくなります。



私は、意外に、本当に大切なことは目に見えないと思っています。

「人と人の絆」「思いやり」「温かい目線」
「自分の気持ち」「人の気持ち」

だから、注意して子どもを見たり、話を聞いたりする必要がある。



そして、子どもたちにも
「目に見えないからこそ、目に見えるように、分かるように伝えよう」と言っています。


目には見えないけど、確かに存在するもの。
それは

【行動】によって表されるものです。


まだまだ自分自身うまくは出来ませんが
こうやって記事にすることで、黒板に描くことで、自分自身再確認させてもらっています。

 

 

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com

 

 

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.co