現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

2013年2月〜2014年2月 世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。 その後 講演家として1年間で50回、のべ4000人に向けて想いを伝えていました。 その傍ら「夢塾」という塾を立ち上げ 1年間で6校開校。 そんな現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

【失敗は考え方次第で全て「成長の種」へと変わる。】


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

 

f:id:yumezyuku:20161124000533j:plain

【失敗は考え方次第で全て「成長の種」へと変わる。】



席替えチャレンジ1日目を成功させた子どもたち。
素敵な一面が見られて本当に嬉しく思いました。その時の記事は前回のブログをご覧ください。

 

www.nino2no.com

www.nino2no.com

 



チャレンジ成功には、残り1日忘れ物を0にする必要がある。


しかし、


そのチャレンジは失敗に終わりました。
一人だけ宿題をやれなかったのです。


その時、少し事件が起きてしまいました。

私のクラスでは、宿題を忘れたら朝のうちに宿題ボックスから同じ宿題プリントを取ってきてやれば忘れ物にはしない

というルールを設けています。


それを知っている子どもたちは
その忘れ物をしてしまった子に

「早く!まだ間に合うからやって!!」と
プリントを突きつけたそうです。

また、別の子がそれを見ていて
「あー。席替え無しか。宿題二倍やだなー」
と呟きました。
(チャレンジは失敗すると宿題二倍というルールを設けていました。)


それを聞いた忘れ物をした子は
怒り宿題をやることなく忘れ物となりました。



別に「まだ間に合うから!」と言った子も
「宿題二倍やだなー」と言った子も
悪気があった訳ではありません。

しかし、結果、「その子のせいで」という雰囲気のままチャレンジが終了してしまう最悪な形になりました。


このままではチャレンジの意味も
楽しむという目的もなくなってしまう。

そう思い書いた黒板です。
もちろん、子供達にもしっかりと話をしました。


結果的に、この失敗はあってよかったというものに変わりました。

話した内容は次の通りです。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜

このチャレンジ失敗
もしかして忘れた人のせいだとみんな思ってない?
自分はちゃんとやったから、ちゃんとやってないあいつが悪いって思ってない??


それはどうかな?

例えば、金管バンド部が演奏をする時
自分は自分のパートを吹いていてしっかりと吹けてたとする。
でも同じ楽器でよく間違える子がいて、大会で金賞を取れなかったとしよう。
その時「私はちゃんと吹いてたんだからあなたが悪い」って言う?
自分はできてるからいいもーんって言う?
自分は吹き方分かっているなら「こうやって吹くといいよって教えてあげる」と金賞は取れるかもしれないのにね。

例えばサッカーで試合をする時
自分はしっかりと自分の役割をして、パスを出していたとする。
でも、他の子がシュートを外して負けてしまった時「シュートを外したお前が悪い」ってなる?
俺だけ出来たらいいって考えでは勝てないよね?チーム全体で教えあって高め合うから勝てるんだよね?


それと一緒。
自分はしっかりと忘れ物しなかったからいいもーん
と思っていても、チャレンジは失敗する。
自分のことだけ考えているうちはチーム力とは言えないんだよね。


自分の出来ることをチームのために伝える
自分の得意をチームに生かし始めると
すごいチームになっていくんだよ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


みなさんは、
「やりたくないけどやらなきゃいけないこと」ってありますか?

多分たくさんあると思います。

または、「やりたいけどやれていないこと」ってありますか?

多分たくさんあると思います。



その二つが、楽しく出来たら
人生のかなりの時間をハッピーに過ごせると思いませんか?


黒板の後ろの「〇〇〇」がある人とない人で
その時間を楽しく過ごせるか
楽しく過ごせないかが決まると思っています。



何人も「先生!正解はこれでしょ!」って言ってきましたが


正解した子どもはいませんでした。



みなさんはわかりますか??









それは









「かくご」です。


やらなきゃいけないことを「やってやる」と覚悟を決められない人は
「めんどくさー」とダラダラしたり
「なんでやらなきゃいけないんだ」と文句が出たり。
「やりません。」と言う勇気もないのに
やらなかったら生じるもっと嫌なことを全て引き受ける勇気もないのに
なんとか目の前の嫌な気分を晴らそうと文句を言って、誰かに押し付けようと動いて負のスパイラルに落ちていくのです。


やめる勇気がないのなら
「やるしかねーか!やったるか!」
とパッと腹を括ってどうしたら楽しめるかを、どうしたら早く終わるかを、どうしたら相手の予想を上回る行動を取れるのかを考えてすぐ動く。


そちらの方が爽やかで幸せだと思いませんか??


その考え方こそ大切な考え方だと思います。

 

 

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com