現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

2013年2月〜2014年2月 世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。 その後 講演家として1年間で50回、のべ4000人に向けて想いを伝えていました。 その傍ら「夢塾」という塾を立ち上げ 1年間で6校開校。 そんな現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

【結局のところ「〇〇」ができるかどうか。〇〇をしてきた数がその人の成長を決める】


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

f:id:yumezyuku:20161125233700j:plain

私は教員をする前、
講演家として活動していました。
その傍ら、世界一周をした経験を生かして「世界一周アドバイザー」もしていました。
  
  
その中で、何人もの人が世界一周に旅立って行きました。
しかし、中にはそうではない人もいます。
  
どれだけ努力しても
どれだけ頑張っても
世界一周に行くことができない人もいました。
  
  

  
  
一方、今いる目の前の子どもたち。そして宿題。

多くの子どもたちは
当たり前のようにやってきます。

  
しかし、その宿題のやる姿勢は
「いやいややっている」子と
「真面目にやっている」子にわかれます。

 
もちろんその両者の成績の差は大きなものです。
  
  
  
私は、この
「世界一周に頑張ってもいけない人(夢を叶えられない人)」と
「宿題をやっていても頭に入っていない人」
は、ある共通点があると思います。
 
  
それが【覚悟ができていない】ということです。
 
  
  
必死にやっているつもりでも
頑張っているつもりでも

「覚悟」を持っていなければ、その時間が無駄になることがあります。

  

私も昔、勉強が嫌いでした。
そして、いろんな言い訳をして、勉強から逃れようとしていました。
  
  
結果成績は上がらずじまいです。
  
どれだけ努力をしていても上がりませんでした。
  
  
それは
肝心な、一番根底のところで「覚悟」ができていなかったからです。
  
  
  
【覚悟】をするということは
とても勇気がいることです。
  
【覚悟】するということは、どのような状況も「受け入れる」勇気が必要です。
 
  
勉強の成績が上がらない時
「だって勉強時間が短かったもん」
「だってケアレスミスをしちゃったんだもん」なんて何かのせいにして逃げ道を作ったり
  
  
自分の夢を追おうとしている時に
「だって親が許してくれない」
「だってお金がないんだもん」
「だって時間がないんだもん」
と自分以外のもののせいにしたり。
  
  
覚悟をするというのは、相当大変です。
勇気が必要です。
  
なぜ覚悟ができないかというと
「自分が傷つくのを避けている」からです。
  
  
成績が上がらない時
「自分のせいだ」と受けいれるのは勇気と強さが必要です。
  
自分の夢に近づけない時、壁にぶち当たった時
「自分のせいだ」と受け入れるのは相当強いことだからです。
  
  
覚悟をすることは「逃げ道を選択肢からなくす」ことです。
  
  
しかしそれは本当に怖いことです。
全てを自分で引き受けることになるから。
  
  
しかし、「覚悟」ができた者だけが、成長できるし、成功できるのだと思います。
  
  
私が、
世界一周できたのも
塾を経営できたのも
こうやって目の前の子どもたちと笑っていられるのも
 
  
  
覚悟をしていたからです。
  
 
時には泣きたくなるような惨めな経験もしました。
叫びたくなるくらい苦しい時もありました。
 
 
しかし、それを人のせいや環境のせいにしないからこそ
自分が対処法を考えて成長できたのです。
  
  
子どもたちにもそれを伝えています。
 
  
どうせ宿題をやらなきゃいけないなら
「面倒くせ〜」と言っても「いやだ〜」と言っててもその宿題は減るわけでもなくなるわけでもない。
だったら
覚悟決めて「一回で全て覚えてやる!」とか「ダッシュでしっかり終わらせてやる!」って決めてやったら??って。
  
その小さな覚悟を続けることで、自分を信じることができるようになってきます。  
 
  
それができるようなれば
どんな経験だって「いい経験」と言えるようになります。
「他人」や「他の環境」のせいにしないので、自分を嫌いにならないで済みます。
  
 
だからこそ幸せが待っているのだと思います。
  
 
  
めんどくさかったっていい。
怖くたっていい。
  
だけど、何があっても「自分が受け入れる」と覚悟を決めることが
幸せの第一歩だと思います。

 

 

www.nino2no.com

www.nino2no.com