現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

2013年2月〜2014年2月 世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。 その後 講演家として1年間で50回、のべ4000人に向けて想いを伝えていました。 その傍ら「夢塾」という塾を立ち上げ 1年間で6校開校。 そんな現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

【あの先生が良かったー。あの先生ハズレだ。そう言う前に。良い人、悪い人なんていない。今のあなたにとって「都合の良い人」「都合の悪い人」がいるだけです。】


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

世の中には、色んな「師」がいます。

人生の中でも、たくさんの「師」に出会います。

ここで「先生」と書かずに、敢えて「師」と書くのは、
教員以外にも、その人の人生を素晴らしいものにしてくれる基盤を教えてくれる人はたくさんいるからです。

逆に「先生」と呼ばれていても
子どもにとって「師」になり得ない人もいると思います。

どんな師に出会い、どんなことを学ぶかは
今後のその人の人生に於いて、とても大きな意味をもつと思っています。



これは私の考えですが
人は色んな考えをもっている師にたくさん出会うべきだと思います。


よく、新学期の時
「前の先生は〇〇だった」
「前のクラスのルールはこうだった」
「前の先生は〇〇してくれた」

と言う子どもや保護者の方を目にします。


そして、
「今年の先生は当たり」
「今年の先生はハズレ」
と言ったりします。


先生だけではありません。
「あの人は良い人」
「あの人は良くない人」
人はそうやって言う時があります。

わたしは、それは、
「今の自分にとって都合の良い人」
「今の自分にとって都合の悪い人」
なだけだと思います。


今は嫌な人だと思っても
年月が経って、「あの人がいたおかげで幸せになれた」何てことも多々あると思うのです。


もし、いつも同じ考え方を伝えてくれる、同じ教えをくれる師しか受け入れられないとしたら、
それは幸せから遠くなってしまうと思うのです。


私たち教師も
連携はすべきですし、授業の内容などは統一した方がいいとは思いますが

考え方まで統一する必要は無いと考えています。


例えば、

ある先生は授業を
「勉強は楽しいものだということを伝える為」に授業を考えている。

またある先生は授業を
「勉強を通してやり抜く力を養うため」に授業を考えている

またある先生は授業を
「関わり合う力を養うため」に授業を考えている

またある先生は授業を
「今後の人生に必要な知識を身につけさせるため」に授業を考えている


そんな、それぞれの考え方を持っていていいと思いますし、寧ろ違った方がいいと思います。


同じ考え方しかだめだと言うのなら、自分じゃなくて他の人でも代用が効く先生になってしまいます。



この先生の言ってること合うなー
この先生のことはちょっと合わないなー

それはあるかもしれません。
しかしそれでいいと思います。
その中から、成長する過程で自分の価値観が形成されていくのですから。
自分で、それぞれの価値観から自分の価値観を選んでいけばいいのですから。



さて、ここからが今日の本題です。

私の考え方はと言うと
「授業や学校生活を通して、人生を幸せに生きる考え方を身につけさせる」
事です。

正直な話
どれだけ知識を頭の中に入れることが出来るか
より
知識を頭に入れる過程で、どれだけ自分の成長を感じられるか。
知識を入れることで、幸せになるためのヒントをどれだけ見つけられるか
ということの方が大切だと感じています。



今回は、「体育を通して幸せになる方法を伝える」ために黒板を描きました。


もしよかったら
黒板内容をご覧ください。

f:id:yumezyuku:20161213230827j:plain

 


教師のみなさん。
保護者のみなさん。

みなさんは、どういう考えをもって、子どもと接していますか??

 

 

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com