現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

2013年2月〜2014年2月 世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。 その後 講演家として1年間で50回、のべ4000人に向けて想いを伝えていました。 その傍ら「夢塾」という塾を立ち上げ 1年間で6校開校。 そんな現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

【人生は短い。今を幸せにするために生きようよ。】


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

 

これは、12月1日にこども達に向けて描いた黒板です。
私は、月の終わりや月の初めに、よくこのような内容の黒板を書きます。
  

f:id:yumezyuku:20161214225346j:plain

 

教員になって、いや、こどもの前に立つ一人の人間として、子どもに伝えたいこと。

それが「今を生きる」です。
  
私は、本気で目の前のこどもの幸せを考えています。
熱いと言われようが、めんどくさいと言われようが、エゴと言われようが綺麗ごとと言われようが構いません。
    
それでもそう言います。


世界一周をして、世界中の子供達に出会って
日本の子供達に出会って
教えられたことがあります。
  
それは、幸せとは、【今この瞬間】に感じるものだということです。
  
  
今を我慢すれば幸せが手に入るのではないのです。
今を無理すれば幸せが手に入るのではないのです。
  
今この瞬間をどれだけ幸せに過ごすかを考え、今を幸せに過ごせる人が、幸せを手に入れるとおもっています。
  

  
    
 

これは学校のシステムと自分の考え方とのジレンマもあります。
私の勝手な考えかもしれませんが
学校は、「将来を幸せに生きるため」の考え方を教える場所だと思います。
なので、どうしても今に対して真剣に考える時間がなかったり、今この瞬間を蔑ろにしているような気がしています。
 
  
その考えは私は悪くないとは思います。
この子達には、今まで生きてきた人生の何十倍もの輝かしい未来がある。
その未来を幸せに生きるための基礎基本を身につける。

とても素晴らしいことだと思います。
 
  
そう考えるからからこそ、教員でいるうちは子どもに本気で叱ったり、指導したりすることができているのだと思います。
 
  
  
しかし
  
 
そればかりを教えてしまうと
「幸せは、今を我慢したり、頑張ったりした先の未来にある」と刷り込まれてしまうのではないかと思ってしまいます。
  

だからこそ、「もっと今に目を向けていいんじゃないの?」と子どもに伝えることが重要だと思います。
  
  
もっと、今に力を注ごうよ。
もっと、今を幸せに過ごそうよ。
もっと、今を全力で生きようよ。
  
もし、今日が自分の人生が最後の1日だったら、自分は満足できる?
  
 
それは、「嫌なことはやらなくていいよ」「もっと楽しいことをやろうよ」
というのではありません。
  
「今ある目の前のことに、もっと全力を注いでみようよ」
「今、目の前の子と対して、楽しむ方法を考えてみようよ」
っていうことです。
  
  

本当に嫌なら辞めていい。逃げていい。
それが、自分の今の幸せを一番に考えているなら。
 

でも、「ちょっとめんどいな〜」「なんか気が進まないな〜」なんていうものは
全力で楽しんでみるといいと思います。
勉強とか、やるべきこととか、ちょっとしたトラブルとか。
  
  
その「今をどうやったら一番幸せになれるか」という考え方こそ、必要だと思います。