現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

2013年2月〜2014年2月 世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。 その後 講演家として1年間で50回、のべ4000人に向けて想いを伝えていました。 その傍ら「夢塾」という塾を立ち上げ 1年間で6校開校。 そんな現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

【席替えチャレンジからつたえたいこと。〜夢の選択肢を増やせ〜】


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

f:id:yumezyuku:20161220232758j:plain

私のクラスでは、
月に一度、席替えをします。

しかし、簡単には席替えはできません。


席替えチャレンジという
クラスみんなで課題に挑戦し、そのチャレンジに成功したら、席替えができます。



ただ面白ければいい
という訳ではなく、それぞれ伝えたいことを乗せてやっています。


子供達も結構ノリノリでやっているので
月一イベントとしてやっています。

 

 

 歴代の席替えチャレンジはこちら↓

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com

 

 


そして、今回のチャレンジは
「ドリームキャッチ100」
内容は、簡単。

人の夢をたくさん聴いてくる。
それを紙に書くというものです。


これは、今、ちょうど二分の一成人式に向けて、子ども達が夢について調べているところだったので

それに合わせてやってみました。


ここで、まずお伝えしたいのは、私自身は
【夢はあってもなくてもどっちでもいい】と思っています。

しかし、夢はあった方がいいとも思います。
そこで、二分の一成人式では、夢について調べています。

その中には、やっぱり夢がない子がいます。

やりたいことが見つからない。
やりたいことが分からない。
夢なんてわからない。


そんな子がいます。

そんな子に「夢はないのか!」「夢をもて!」と言うことはどれほど苦しいことか。


そして、身近な本当に求めていないことを「夢」としてとりあえず決め、周りに言う。

本当にやりたいことではなく
【この夢なら、周りが「いい夢だね〜」「素敵な夢だね〜」って言ってくれる】
という想いをもって。
すると、だいたいみんな同じような夢になっていくんです。


そもそも、夢は人から認められることは必要ないと思います。


なのに、ほとんどの人は自分の夢を
「周りの人は自分の夢をどう思うか」
で決めているように感じます。

それは、本当にやりたいことでは無いので
当然叶いません。

そして、いつしか「夢なんて叶わない」と言い出す。


本当に夢を叶える人は
周りの反応なんて気にしていません。
だから夢は叶っていくのだと思います。



ここからが、本題です。

なぜ、黒板のようなチャレンジ内容にしたのか。

それは「夢の選択肢を増やす」ためです。

  

f:id:yumezyuku:20161220232945j:plain



以前にも書きましたが
夢=職業で考えていると、選択肢がとても狭くなってしまいます。

サッカーが好き=サッカー選手
以外の選択肢を知りません。

お菓子を作るのが好き=パティシエ
以外の選択肢を知りません。


しかし、世の中には
もっとたくさんの職業もあれば、職業ではなくても、選択肢はたくさんあります。


そのためには、いろんな人の、色んな夢を聴くことが一番早い。

子どもだけではなく、大人の夢も聴く。

すると、選択肢がぐっと広がります。


すると、夢は広がり、夢がどんどん身近になってくると思います。

チャレンジからこんなことを伝えられたらと思ってやっています。