現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

2013年2月〜2014年2月 世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。 その後 講演家として1年間で50回、のべ4000人に向けて想いを伝えていました。 その傍ら「夢塾」という塾を立ち上げ 1年間で6校開校。 そんな現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

【通知表について保護者の方にお願いしたいこと〜通知表は話をするきっかけに過ぎない〜】


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

少しハッピー黒板の記事とは離れますが
今日で二学期が終わり、冬休みなので先に書きたいことがあって書かせていただきます。

あくまでこれは、私個人の意見です。
賛否両論あるとは思いますが個人の考えだと思ってご容赦ください。


学期の最後といえば

f:id:yumezyuku:20161222205526p:plain


「通知表」です。
私達教員は、この通知表を作成するのにものすごく時間と労力を使います。

こども達も
自分の成績が上がっているのか下がっているのかとても気になる様です。

親御さんもそうだと思います。


殆どの子がそうなのですが
家と学校のキャラクターが全然違うことがあります。

こどもの学校生活を客観的に知ることができるのは、懇談会と通知表だけです。

授業参観は、こどもは素の自分を出すことはあまりありません。


自分のこどもの成績は一体どれ位なのか
学校生活はどんな風なのか

それを客観的に知ることができる数少ない機会です。

だからこそ、教員も、しっかりと子どもを見て、しっかりと判断するために恐ろしい程の時間をかけます。
たくさんの先生に所見をチェックしていただき、言い回しは大丈夫か。本当に子どもの実態とあっているか、子どもの実態を反映できているかを何度も確認して子どもに出しています。




しかし、ここで私は敢えて言いたいことがあります。

【そんなたった一人が判断して作った紙切れ一枚で全てを表せるわけがない!!】


かなりの労力を使って作ったにも関わらず、敢えて言わせて欲しいことです。


その通知表が全てなわけがない。
また、一人の担任が作った通知表で全てを表せるわけじゃない。


子どもたちにも毎回話をするのですが

「大切なのは、自分自身がこれまでを振り返って何に満足できて、何を次チャレンジしたいかを考えること」

「他人の評価ばかりを気にすると
他人の人生に合わせて生きる人生になっちゃうよ?大切なのは自分がどう感じているか。」

f:id:yumezyuku:20161222205559j:plain



「通知表にはかけないみんなの良さはめちゃくちゃある!!」


通知表は、確かに子どもの学校生活を客観的に知ることができる手がかりではあるけれど

それによって子どもの学校生活の全てが分かるわけではないのです。



だからこそ、通知表は【話のネタ】にしてほしいと思います。

「先生はここ◎にしてるけど、どう思う?」
って子どもに聞いて
「確かにおれ頑張ったなー!こんなことできる様になったし!」
と、本人から学校生活の話を聞くためのツールとして使えばいいと思っています。


別に
「何でここ一学期より下がったんかな??」
と聴いた時、
「先生ここあんまり評価してくれんかったけど、おれはここをめっちゃ頑張ったと思う!」となってもいいじゃないですか。
頑張っていない子なんていないのですから。


他人が下した評価より
自分が自分自身をどう評価して次につなげるか。
そちらの方が大切ではないでしょうか?


通知表から子どもの学校生活を読み取るより
通知表を使って「子どもから」学校生活の話を聴いてみてはどうでしょうか??


その話で家族が盛り上がるためのネタに
通知表を使ってもらえれば私は嬉しいです。

 

 

通知表に関する過去の記事はこちら

 

www.nino2no.com

www.nino2no.com