現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

2013年2月〜2014年2月 世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。 その後 講演家として1年間で50回、のべ4000人に向けて想いを伝えていました。 その傍ら「夢塾」という塾を立ち上げ 1年間で6校開校。 そんな現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

【新聞に私が書いた短編小説の連載がスタートしました。】


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

 【新聞に私が書いた短編小説の連載がスタートしました。】
 

f:id:yumezyuku:20161225205957j:plain

ご報告です!
 
  
私の仕事は「子どもたちを幸せにすること」
    
  
それは、目の前の学校の子どもたちもそうですが
  
  
できれば多くの子どもたちを幸せにしたい。
  
そんな風に考えていています。
  
  
教員をやっているとどうしても、学校の子どもたちだけで精一杯です。
一年約35人。
  
それでも密度の濃い関係を築くことができるからこそ、やりがいがあり素敵な職業です。
  
しかし
もっと別の方法でも子どもたちを幸せにしたい。
  
その想いがずっとありました。教員になると決意してからずっと。  
 
 
そして、いつしかもった新しい夢。  
 
 
「子どもたちが読むだけで生きるために大切な学べるような絵本を作ってみたい」
 
 
そして、休日や長期休暇を使いながら、頭の中にあるストーリーをちょっとずつ文字に起こしていました。
  
そして、今年の夏過ぎ、10000字程度の短編の物語ができていました。
  
  
しかし、出来上がった物語。それをどうするかはずっと悩んでいました。
それはなぜか。それは世間体が私を邪魔していたからです。
 
 
これをいろんな人に見てもらいたい気持ちはある。
  
しかし
「教師になったばかりの人が何やってるんだ」
「目の前の子どものことはやらなくていいのか」
「副業になるんじゃないの?」
 
という不安が押し寄せる。
  
「面白くなかったらどうしよう」
「結局自分の独りよがりだったら・・・」
 
そんな不安が押し寄せる。
  
  
 
しかし、子どもに「チャレンジしろ!」「たくさん失敗しろ!そこから学んで成長しろ!」
そうやって言っている自分が 
 
やらずに諦めることはできませんでした。
  
  
できることからできるだけ。
 
 
ということで、
まずは、知り合いの文章を書くのに長けた方に見ていただこうと思い、連絡を取りました。
  
それが【きぼう新聞】という新聞を発行されている細川さん。
  
  
その新聞は本当に素敵で
〜100年後の子供たちへラブレターを届けよう。時を超えて、人生を励ます力を発信する。〜
という思いで月に2回発行されている新聞です。
  
そんな新聞の編集長さんに
私が作った話を読んでいただきました。
 
  
そして、そのあと、素敵なメッセージをいただきました。
  
  
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆  
お待たせしました。
読めるゆとりができたので
じっくり読みました。
 
内容、素晴らしいです。
最初のワクワク感、最後のグッとくる感覚。
素晴らしいです。
 
ぼくが編集者なら
絵本ではなく、児童向けの小説でいきたい。
今回のような短編小説集を4〜5本ぐらい創作して
一冊にまとめて、短編小説集として小説としていきたい。
文字を読むことの大切さ、想像することの大切さがいいです。
その中で、挿絵という形で絵を入れることの方が
絵の印象が記憶に残る気がします。
一本の短編集に、4枚ぐらいの絵でしょうか。
 
これ、いけますよ(*^_^*)
 
これは僕からのお願いです。
あまりに感動しています。
ぜひ、きぼう新聞で
読者のお母さん世代とその子供たち向けに
今回の話を、6話ぐらいで小分けにして連載したいです(*^_^*)
 
☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ 

きぼう新聞のことが気になった方がいらっしゃったら

新聞の定期購読をお勧めいたします! 
 
 
暗いニュースばかりやっている現代の新聞。
テレビやネットニュースには載っていないキラキラした素敵な人たちの
経験や想いを詰め込んでいる新聞です。
月に2部。
1000円でそれが手に入ります。
  
正直、自分の成長のために読むのはすごくいいともいます。
 
  
  
  
 
実は、今日がその小説第一回目の連載日です。
 
  
細川編集長の計らいで、1月10日までに申し込みをされた方には
12月25日の新聞をサンプルでつけていただけるそうです!
  
 
よりたくさんの方に読んでいただけますように。
  
  
願いを込めて。
 

f:id:yumezyuku:20161225205957j:plain