現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

2013年2月〜2014年2月 世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。 その後 講演家として1年間で50回、のべ4000人に向けて想いを伝えていました。 その傍ら「夢塾」という塾を立ち上げ 1年間で6校開校。 そんな現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

【part2 子どもが夢を叶えるための原動力は「〇の〇〇」夢を叶えていける子どもに育てるために必要な心構え】


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

この記事は二部制です。

一部目はこの記事はこちらです。ご一読ください。

 

www.nino2no.com

 

 

子どもの幸せを考えていろんな本を読んだり、セミナー・講演に行ったりして勉強をすると
子どもの幸せは「親」に行き着きます。
勉強すれば勉強するほど学校の先生が教えられることなんてほんの少ししかないんじゃないかと少し寂しく思います。(そこを最大限発揮するためにも勉強です!)

 

ここからは、まだ子どもを持っていないただの人間の戯言です。
(子育てをしたことのない男のされごとだと思ってください。)

 

 

 

 


子どもにいくら先生が「幸せってなんだろうね!考えよう!」と言っても、新しい幸せの考え方を伝えようとも
子どもに入るのは親の反応や親の価値観です。


本当に子どもに幸せになってもらいたいなら
自分がいなくなった世の中でも渡っていける力を身につけさせる必要があると思います。

 


それは「一つの価値観に頼って、それを守りながら生きる」ことではなくて
「多様な価値観を認め合いながら、適応しながら生きる」ことではないでしょうか。

 

 

「お前の価値観は間違っている!なんでわかってくれないんだ!」と言いながら過ごすより
「お前の考えもいいね。君の考えもあるね。でも俺の考えはこれで、それもいいでしょ?」みたいに言いながら過ごす方がハッピーではないでしょうか?

 

 


だから、大切なのは
自分と同じ価値観の子どもを愛するのではなくて
価値観など関係なく子どもを丸ごと愛することが必要なのではないでしょうか。

 


それがいかに難しいか、それがいかに苦しいのか
それは子どもがいない自分にはまだわかりません。

 


しかし自分なりにその価値観の違いというものの概念がはっきりしたことで
学校生活で子どもと接する時に楽になりました。

 


子どもと接する時「イラっ」とするときは大体自分の価値観の枠の外のことを子どもがする時です。

「普通ここでは静かにするでしょ!」
「忘れ物をしたら普通報告するでしょ!」と自分の価値観に子どもを当てはめようとしている証拠です。

 

 

だから、そんな時に「あぁ、自分の価値観に子どもを当てはめようとしていたな」と感じると
頭ごなしに怒ることが減ります。

 

 

「どうした〜?なんかあったのか?」と子どもの価値観に耳を傾けることができるようになります。

 

その中で、こんな先生の幸せの価値観もあるけどどう?って届けるイメージで指導をすることができるようになります。

 

 

こんな風に言っている私ですが、私自身「幸せ」についての価値観を持っているので、人とぶつかることが良くあります。自分の価値観の正しさを証明したい!と論破しようと思ってしまいます。

まだまだ勉強中です。

 


親の価値観はそのまま子どもの価値観につながる。
しかし、子どもが大人になり始めると独自の価値観も生まれてくる。
その価値観を否定するのか、それともその価値観を受け入れる心の広さで子どもを愛するのか。
自分にはそれができるのか。

 

 

 

自分の価値観を押し付けるのではなく、こども自身が自分の価値観を受けれ、他人の価値観も受け入れられるような、そんな学級を作っていきたいと思います。