現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

2013年2月〜2014年2月 世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。 その後 講演家として1年間で50回、のべ4000人に向けて想いを伝えていました。 その傍ら「夢塾」という塾を立ち上げ 1年間で6校開校。 そんな現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

ほんとうに子どもの幸せを願うなら依存させてはいけない。「あの先生が良かった」「あのクラスが良かった」から次のステージへ。


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

教育関係の仕事をしていると、「子供に対する想い」の話をよくしたり、よく聞いたりする機会があります。

  

これはある時、教員仲間とご飯を食べていた時に話していた内容です。

  

その教員仲間と「理想のクラス」とはどんなクラスか
という話で盛り上がっていました。(その時点でお互い教育熱はすごいですよね笑)

 

その人の理想のクラスはこうでした。

 

子供と1年関わった時に、「今までで一番最高のクラスだった」って言ってもらいたい。
そして、次の学年に上がっても、大人になっても

「あのクラスは良かったよな!あの時めっちゃ楽しかったよな!あの時に戻りたいな」と盛り上がるようなクラスにしたい。

 

確かにそれ、わかります。

教師たるもの、自分のことを一番好きだと言ってもらいたいし。今までで一番いい先生だったと言ってもらいたい。

 

これは教師だけではなくて、父親、母親も同じことがいえるのではないかと思います。

できれば自分の子供に

「うちの母親は世界一だ!」「私の父親は他のどんな人より素敵だ!」と言われたいですよね。

 

 

でもね・・・

 

 

この考えは結構まずい考えなんじゃないかなと思っているんです。

 

 

 

  
 
私の考える「理想のクラス」は

子ども達が自分の元を離れたとき、『次は自分がハッピーなクラスを作るんだ』『どんな環境だって自分で自分の幸せを見つけられるんだ』と思える子が続出するクラスです。
  
  
「あの頃に戻りたい」とか「あの先生が良かった」と思ってもらうのは
とても嬉しいし幸せなのですが

 

 

それを言わせてしまったら、クラス作り、人作りとしては失敗だと思います。
  
  
  
それを言うということは、その子はその年という【過去】にすがって
過去が一番幸せだったと感じながら【今】を生きているからです。  
  
  
その過去にいくら戻りたいと思っても
戻ることはできません。
  
  
どんなクラス、どんな先生になったとしても幸せに【今】を生き

今が人生で最高の時!と笑って言える。

そんな人作りを目指しています。
  
  
  
大切なのは「受け持った1年うまく授業やクラス作りをする」よりも
【その後の子供達の人生】です。
  
  
1年うまくクラスを回せたからOKではありません

  
  

 

本題に入ります。

f:id:yumezyuku:20170220233753j:plain


もうこのクラスの終わりの日まで2ヶ月を切ったある日。

  

残りの2ヶ月で、

最幸の思い出最強の自信

を持って、自分の元を離れて欲しいと思い、クラス会議をしました。

  

 

今までもたくさんの思い出を作ってきましたが

 

 

www.nino2no.com

www.nino2no.com

 

www.nino2no.com

www.nino2no.com

 

 

もっと幸せで、思い出に残ることと

それを通して「幸せは自分で作れる」という自信を手に入れるための会議をしました。

どんな会議になったのかはこちらです

 

 

www.nino2no.com