現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

2013年2月〜2014年2月 世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。 その後 講演家として1年間で50回、のべ4000人に向けて想いを伝えていました。 その傍ら「夢塾」という塾を立ち上げ 1年間で6校開校。 そんな現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

嬉しい手紙2連発!!子どもから教えてもらった「想いを言葉にする大切さ」。


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ


「先生。ちょっと話したい事があるんだけど」

とある児童から声をかけられました。


ん?どーした?
なんか悩み事かな??


そう思い、その子の後に続いて教室を出た。



すると、その子は
無言で私に手紙を差し出しました。
その表情は、俯いていてよく分からない。

折り紙で封筒を作っている小さな小さな手紙でした。


(そうか。口では言えないほどの悩みなんだな。それを伝えるために昨日一生懸命書いたんだな。)


そう思い、それをポケットにしまいました。


そしてその日の放課後
手紙を職員室で読みました。


内容はこんな風に書いてありました。

 

 

 


先生。私このクラスになれて本当にハッピーです。
実は私3年生まで夢がありませんでした。
でも、このクラスになって、みんなと過ごして、夢が出来ました。
二分の一成人式の時の夢もそうですが
先生になりたいという夢も出来ました。
本当にこのクラスで良かったと思います。あと少しですがよろしくお願いします。

(一部子どものために変更、省略させてもらいました) 

 

 

 

 

 

それを読んだ時、本当に嬉しい気持ちになりました。

 

その子は、四月当初、何に対しても冷めているような目をしていました。

勉強はものすごくできる。考え方も大人。ちょっとやれば大抵のことができてしまうような子でした。

 

四月のある日、私にこう言ったのを覚えています。

「授業がつまんない!答えわかるもん。手を挙げなきゃいけない理由がわからない。」

 

 

この言葉はとても覚えています。

 

その子は、秀才であるが故に、日々の生活に退屈さを感じているように感じました。

 

 

そんな子が、2学期ではいろいろなことに挫折し、その都度一緒に乗り越え

勉強に対して違う視点を与えて、勉強を楽しむ方法を一緒に考えてきました。

 

 

そして、もらった手紙。

 

 

嬉しくないはずがありません。

 

 

 

 

 

もう一つ手紙に関して、実際の話を書きます。

 

私のクラスの女の子です。

 

その子は、本当に友達思いの頑張り屋さんです。

色々なことによく気がつき、行動してくれます。

しかし、色々なことに気がつくが故に

 

 

友達の「ここは直したほうがいいんじゃないか」

 

 

という部分にもよく気がつく子です。

そして、それを見て見ぬフリをすると、その子のためにならない。もし相手自身が気付いていないなら、知らないうちに周りの友達が減ってしまうんじゃないか。

 

でも、私が言うと、その子も傷ついてしまうし、自分も嫌われてしまうんじゃないか。

 

 

と怖くなって悩んでしまうような子です。

 

本当に心の優しい子です。

 

 

 

 

その子が、二分の一成人式の当日。

 

何をしたと思いますか?

 

 

 

 

 

 

 

その子は、

私を含めたクラスの全員、一人一人に対して心を込めた手紙を書いて渡していたのです。

 

同じ文章は一つもない。

「〇〇くん、発表の時司会上手だから盛り上げよろしくね!今日もハッピーになろう!」

とか

「〇〇さんの夢が叶うように私も全力で司会するね!」

とか

 

一人一人に向けたメッセージを書いて渡していたのです。

 

 

その子が前日に、一人一人に対してニコニコしながら手紙を何時間もかけて書いている姿が思い浮かんだ時、涙が出そうでした。

 

 

 

 

この二人の子どもから

想いを言葉にすることの大切さ

を教えてもらいました。

 

f:id:yumezyuku:20170307233746j:plain

 

 

 

 

 そんなことを教えてくれる子供達に出会えて、私自身もハッピーです。

 

 

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com