現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

2013年2月〜2014年2月 世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。 その後 講演家として1年間で50回、のべ4000人に向けて想いを伝えていました。 その傍ら「夢塾」という塾を立ち上げ 1年間で6校開校。 そんな現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

子供が言うこと聞かない。勉強しない。いいえ、それは「環境」のせいです。環境を整備することで相手は変わる。


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

「子供が全く言うことを聞かない」

「子供が勉強をしない」

最近よくそのようなメッセージを頂くようになりました。

 

 

少しシビアな話になりますが

「自分ができることを最大限やっていますか?」

 

 

自分が何もやっていないのに

相手が変わってくれることを望むのは無理な話です。

 

 

多くの場合、相手を変えようとしている時って

「自分は変わる気はないけど、相手には変わってほしい」

って思っている時です。

 

 

グサってなった方が見ていただいている方の中にもいらっしゃると思います。

 

 

 

私もそうでした笑

 

 

 

しかし

 

 

 

「環境」を整えることで、子供は確実に変わります

f:id:yumezyuku:20170315211527j:plain

子どもが書くハッピー黒板。
後ろの黒板いっぱいに書くこともあれば
こうやって書かないこともある。

(ちなみに、この状態で2日経っていました。)

 

 

 

 


同じ子ども。なのに、黒板を書く日と書かない日がある。

 

 

 

なにが違うのかというと

 

 

 

 

環境。

 

 

 


書くスペースに絵の具セットが置いてある

それだけで子どもは描かなくなります。

 

 

 

 


別に描きたくない訳ではないんです。

 

 


ただ、何かをしようとしたときにそれを邪魔する障害があると
人はやる気を無くす生き物。

 

 

 

 

その環境を整えること。

それが大切。

f:id:yumezyuku:20170315213928j:plain

 

絵の具セットを横に30センチずらす。

黒板をキレイに消す。

その間たった2分。

 

 

 

 

 

 

 

 

すると・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:yumezyuku:20170315214009j:plain

 

 

別に子どもたちに向けて「黒板を書きなさい」なんて言っていません。

 

ただ、ほんの少しだけ環境を整えただけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

もしかしたら

子どもは勉強をしたくないのではなく

勉強をする環境を自分で作れないだけなのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

「勉強しなさい!」と怒る前に

「もう知らないからね!」とイライラする前に

 

 

 

ちょっと環境を整えてみてください。

 

 

 

これは魚釣りと一緒です。

 

 

 

子供や部下が食いつきやすそうなエサ(環境)を整えて

食いつくのを待つ。

 

要は、「自分でやってみよう」と思うまで待つ。

 

 

魚に「ほれ!エサ食え!!」「何で食わないんだ!」って言っても食いません。

 

 

 

エサをまいても食べなかったら「あ〜これは違うエサなのね!」と違うエサを探せばいい。

 

 

 

 

自分ができる選択肢をたくさん増やすこと。

それが「怒る」一択では、子供は変わりませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近、本当にたくさんのメッセージを頂きます。

子育て相談、学校の悩み、会社での悩みなど様々なお悩みを頂くことが多くなっています。

本当にありがたいことです。

 

私なりの考えですが一生懸命お返事させていただいております。

 

メッセージは、facebookページ、または、LINE@へお願いします。

https://www.facebook.com/happykokuban/

 

https://line.me/R/ti/p/%40haa4665w