現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

2013年2月〜2014年2月 世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。 その後 講演家として1年間で50回、のべ4000人に向けて想いを伝えていました。 その傍ら「夢塾」という塾を立ち上げ 1年間で6校開校。 そんな現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

子どもとのコミュニケーッションをうまくとる方法。新学期に子どもにかけていい質問とかけてはいけない質問。


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

もう直ぐ新学期ですね。

 

 

 

新しい学年

新しい学校

 

それぞれちがう環境に飛び出す時期です。

 

 

 

f:id:yumezyuku:20170403223533p:plain

 

 

子どもたちはドキドキしていることでしょう。

 

 

誰と同じクラスになれるかな?

どんな友達ができるかな?

どんな先生になるかな?

好きな人と同じクラスになれるかな?

 

 

そんな風にドキドキしていませんか?

f:id:yumezyuku:20170403224222j:plain

 

 

 

そんな子どもたちの中には

「今年こそは生まれ変わる!」

と思っている子どももいるかもしれません。

 

 

今年こそは手をあげられるようになる

今年こそは友達をたくさん作るぞ

今年こそは学級代表や児童会に立候補するぞ

 

そんな意気込みを抱えている子どもが、クラスに1人はいる。

 

www.nino2no.com

 

 

そんな風に思うと

やる気になりますね。

 

 

 

 

 

話は、変わりますが

最近、新学期間際になり、いろんなメッセージや質問をいただきます。

その中で

 

子どもとのコミュニケーションがうまく取れない。

 

というお悩みをいただくことが多くなりました。

いつもブログを見ていただき

そして、私を頼っていただき本当にありがとうございます。

 

 

そのようなお悩みに対して私なりに答えてみようと思います。

 

 

 

 

まずは、振り返ってみてください。

マイナスな質問していませんか?

 

 

私が世界一周をしていた時

たくさんのご家庭にホームステイをさせていただきました。

 f:id:yumezyuku:20170403230055j:plain

路上で出会った子どもの家

ボランティアで出会った方の家

物売りのおじさんの家

 

f:id:yumezyuku:20170403230114j:plain

その時、子どもと親の会話が

「なるほどな〜。これは親子仲良いのは当然だわ!」

 

 

と思うことが何度もありました。

 

 

それは

 

 

 

 

 

親が子どもにかける言葉

 

 

 

その時の海外の親が子どもにかける言葉は

 

 

「学校で何か楽しいことあった?」

「なんか良い顔ね。学校で良いことあった?」

 

 

 

という言葉をかけます。 

 

 

 

 

一方

 

 

 

日本は

 

 

 

「学校はどうだった?」

と声かけたりしませんか?

 

 

さらに言うと

「良い子にしてた?」

なんて声をかけたりしていませんか?

 

 

 

 

 

「学校はどうだった?」と言われても

質問が広すぎるので

子どもも

 

「うん。」「まぁまぁかな」「楽しかったよ」

くらいしか反応できないのです。

 

 

 

「良い子にしてた?」

と言われると

 

 

子どもは、無意識のうちに

「自分はいけないことをやっていないか?」と自分の行動を振り返ってしまいます。

すると、マイナス面に意識が向いてしまう。

 

 

 

しかし、

「学校で何か楽しいことあった?」

「なんか良い顔ね。学校で良いことあった?」

 

 

って聞かれると

 

無意識のうちに「良かったこと」を探し始めます。

 

 

 

 

もし、顔が疲れて見えたら

「おかえり。学校の話聞きたいな〜。一番良かったことと一番良くなかったこと一個ずつで良いから聞きたいな〜」

 

なんて言ってみたらどうでしょう?

 

 

 

「子どもが話してくれません」と言って何もせず待っていては、コミュニケーションは疎遠になるばかりです。

 

 

大人からアクションを変えてみてはどうでしょうか?