現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

2013年2月〜2014年2月 世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。 その後 講演家として1年間で50回、のべ4000人に向けて想いを伝えていました。 その傍ら「夢塾」という塾を立ち上げ 1年間で6校開校。 そんな現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

なぜハッピー黒板を続けているの?黒板を書く理由と決意


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

新しい学校で新しい子供たちとの1年が始まりました。

 

 

今年は学校が変わり

新天地でも変わらず子供たちと楽しみ尽くします。

 

新天地でも変わらず

自分の子供への軸を大切にしながら

 

(私の子供への軸を説明した内容はこちら) 

www.nino2no.com

 

 

様々な先生方に教えていただきながら

手を取り合いながら

 

子供たちの幸せを一緒に作ろうと思います。

 

 

 

新天地ということで

 

果たして黒板を書くことはできるのか?という不安がありましたが

f:id:yumezyuku:20170409214424j:plain

 

子供のために

書いております。

 

 

 

今日は少し「なぜ黒板を書いているのか」

 

という思いを書こうかなと思います。

 

 

 

この黒板を始めた当初(正確には、ブログを始めた当初)

ものすごくネットが炎上しました。

 

 

「教師の自己満足だ」

「自分がこの学校にいたら朝来たら帰る」

「子供の心を考えられない奴だ」

 

 

相当荒れました。

 

 

 

しかし、それでも続けています。

 

 

 

それは

私にとったら

目の前の子供の反応が全てだから

 

 

一番初めの黒板はこんな感じでした

f:id:yumezyuku:20170409215346j:plain

 

 

 

これがまる2年前。

 

 

 

黒板を初めてまる2年がたちました。

 

 

 

その間

子供が学校に来る時は毎日黒板を書きました。

描いた黒板は400枚です。

 

 

 

昔は前日の夜に書いていましたが

昨年から朝はやくきて黒板を描くようにしています。

 

 

 

 

 

我ながら字も上手くなり、色もたくさん使って見やすくなったなと思っています。

f:id:yumezyuku:20170318215542j:plain

 

 

ここからは、よく質問される内容があるので

Q&A方式でお伝えします。

 

Q:どれくらいの時間で書いているの?

 

40分〜50分ほどかかって書いています。

書き始めた頃も1時間ほどかかっていて、「慣れてきたらもっとはやくなるだろう」

と思っていたんですが

 

 

あまり短くなりませんでした。

 

 

Q:内容はどうやって考えるの?下書きは有るの?

 

 

内容は、書きながら考えています。

下書きはありません。

 

前日にあったことで伝えたいことや

その日にあることから伝えたいことなどを書いています。

 

 

Q:なぜ書いているの?

 

最初黒板を書き始めた理由は

私が出会った先生の中で黒板を書いている先生はいました。

しかし、その先生は黒板に

 

「おはよう!今日は〇〇があるから××をしておこう」

というような指示が多かったのです。

 

 

それを見てハッピーになるかな?と思ったのです。

どうせなら、朝見たらハッピーになるような

「今日1日楽しめそうだな」

 

と思えるような黒板を書いてやろうと思ったのがはじまりです。

 

 

 

他にもたくさんの理由があります。

 

①子供たちをたくさん褒めることができる

もちろん口に出して褒めることもできるんですが

冷静に昨日を振り返って、「あ〜ここ褒めてあげたい場所だったな」というところを再発見できたり

 

良いところを見てあげることができるようになります。

 

 

 

 

 

子供たちをしっかり見つけることができる。

「黒板を描く」という理由があると、そのネタを自然に探すようになります。

黒板には悪いことや指示を書かないと決めています。

なので、子供の良いところはないか、伝えられるところはないかと探すようになります。

すると、本当に良いところがたくさん見えてきます。

 

 

 

 

 

③自分自身、黒板を描くことで毎朝決意ができる。

これは本当に大きいことです。

黒板には、子供たちへの思いもたくさん書いています。

それを描くことで、

「子供にこうやって書いているんだから自分自身もしっかりしなきゃ」

という決意が毎日できます。

何気なく過ごす毎日より、こうやって1日の始まりに自分の決意や子供に対する思いを描きながら確認することができる毎日の方が

成長が早いと思うのです。

 

 

 

 

3年目の決意として書かせていただきました。