現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

2013年2月〜2014年2月 世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。 その後 講演家として1年間で50回、のべ4000人に向けて想いを伝えていました。 その傍ら「夢塾」という塾を立ち上げ 1年間で6校開校。 そんな現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

子供と深く繋がるための付き合い方と接し方。先生や親は監督ではなく、同じプレーヤーであるべき。


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

子育てや教育って

サッカーと良く似ています。

 

 

f:id:yumezyuku:20170411224333j:plain

 

 


子どもに何かさせたい時
(例えば勉強させたいとか、お手伝いしてほしいとか)

 

 


これは、
シュートを打つ人が「子ども」


それまでのお膳立てをするアシスト役が「先生や親」

だと考えると、良い関係が見えてきます。

 

 

 

 

 


しかし、それを理解していないと

 

先生や親は監督になろうとしてしまうのです。

f:id:yumezyuku:20170411224547j:plain

 

 

 

子どもに「あーしなさい!こーしなさい!」と指示を出して

 

 

 

出来ないと叱り、ペナルティーを課し
出来たら褒め、ご褒美をあげる。

 

 

 


それで何が悪いのかというと

 

 

 


子どもとの間に溝ができるんです。

 

 

 

 

確かにいう事は聞くかもしれません。
しかし、それだけです。

 

 

 


監督がいなければ、自分で点を取る気がなくなります。

 

 

 

 

意識するのは


「先生も親も、子どもと同じフィールドに立ってプレーしているという感覚でいること」

 

 

f:id:yumezyuku:20170411224647j:plain

 

子どもがシュートしやすいようにどれだけ準備や行動が出来るか。

 

 

 

 

子どもがシュートを外した、またはシュートしなかった

のは、パスを出した自分の責任もあるのです。

 

 

 

 

 

それを監督になりきって「なぜシュートしないんだ!バカモン!」
となっていては


自分が成長しませんよね。

 

 

同じプレーヤーとしての意識を持つから
自分自身も成長することができる。

 

 

 


子どもとの距離も近くなる。

上下関係ではなく
信頼関係で結ばれる。

 

それが一番大切だと思います。

 

 

 

よく、先生は威厳がないとダメと言われます。

ビシっとしていないと授業はうまくいかないとも言われます。

 

 

しかし、前いた学校では

私は放課中「先生キモいw」と言われていました笑

背中に乗ろうとする子が何人も、いや、10人以上いました。(今の世の中、男の先生の接触は厳禁とされているので乗せませんでしたが)

 

 

しかし、みんな授業はしっかり聞きます。

クラスが楽しいと言ってくれます。

みんなで協力します。

 

 

それは上下関係ではなく

信頼で結ばれた関係だったからだと思います。

 

 

f:id:yumezyuku:20170411225116j:plain

 

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com