現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

2013年2月〜2014年2月 世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。 その後 講演家として1年間で50回、のべ4000人に向けて想いを伝えていました。 その傍ら「夢塾」という塾を立ち上げ 1年間で6校開校。 そんな現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

言葉の力を信じよう。言葉かけ次第で成長の仕方は大きく変わる


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

新学期の季節

 

 



新しい環境
新しい仲間
新しい生活に身を投じている方も多いと思います。

 

 


仕事場が変わった。
職場の人の移動があった。

 

 

 

 

子どもたちなら

新しいクラスになった。

去年と違う先生が担任になった。

 

 

 

 


みなさんは、新しいことに挑戦する時
どんな気持ちになりますか??

 

 

f:id:yumezyuku:20170415205155j:plain

 




多くの場合


ドキドキしたり


不安になったり

 

ちょっと怖気付いたり


そんな感じではないでしょうか??

 

 

f:id:yumezyuku:20170415205500j:plain

 


そして
新しいことをやると

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


大抵が

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

失敗大失敗です笑

 

f:id:yumezyuku:20170415210149p:plain

 

 

 

 

 

 


そりゃそうですよね。

 

 

 

やったことないことをやるんだから。
いきなりできたら
誰でもスーパーマンです。
誰でも成功者です。

 

 

 

 

しかし、
そのことを殆どの人は忘れてしまっています。

 

 

 

 

 

子どもたちもそうですが

 

 


想像の中では
自分はある程度できると思ってしまっているのです。

 

 

 

 

例えば受験勉強の計画。

 

 

 

これくらいの量できるだろう!
と思って計画しても
半分くらいしか出来ないことありませんでしたか??

 

 

まず大前提として

 

 

 

 

やったことないことを
最初から完璧にやれるのは

 

 

 

 

以前から出来るのにただやらなかっただけ。

 

 

 

 

これはチャレンジとは言いません。

 

 

 

 

 

考え方を変えましょう。

 

 

 

 

失敗したらどうしよう

 

 

失敗が当たり前。

 

 

 

 

 

言葉の力を信じよう。

 

 

 

子供が失敗したら

「よかったね!チャレンジした証拠だよ」

 

 

 

子供が、何かに成功した時に褒めるのも大切ですが

 

 

 

それよりむしろ、

 

 

失敗した時こそ

 

 

 

「チャレンジした証拠だ!」って伝えてあげることで

 

 

 

子供の成長はぐんと高まる。

 

 


失敗はボーナスチャンス!!


成長のボーナスチャンスです。

 

f:id:yumezyuku:20170415212120j:plain

 

 

 

www.nino2no.com

www.nino2no.com