現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

2013年2月〜2014年2月 世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。 その後 講演家として1年間で50回、のべ4000人に向けて想いを伝えていました。 その傍ら「夢塾」という塾を立ち上げ 1年間で6校開校。 そんな現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

学校の規則が納得できない!?子供にルールの本質を考えさせる授業。子供からルールを守りたくなるような話をしよう


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

 
 
ルールを親や先生の都合のいいように作っていないか。
子供を管理するために押し付けてないか
 
 
 
新学期当初。やはり最初は学級経営に尽力します。
 
 
 
私は始まってからの数日で
 
学級の仲良くなるための話し合いやレク
 
 
そして
 
学級ルールを作ります。
  
 

f:id:yumezyuku:20170419215440j:plain

 
 
「学級ルール」って?
 
 
 
 
 
学級ルールとは、クラスの子供達で自分のクラスだけで通用するルールを決める取り組みです。
 
 
 
 
 
 
 
それはもちろん
学校、学年ルールに帰属しますが
「自分で作る」ということがとても大切だと私は考えています。
 
 
 
 
私もそうなのですが
 
 
 
既存のルールを
「ただ守れ!」と言われるのは、苦痛を感じてしまうのです。
 
 
 
 
 
昨年度のクラスでは
授業におけるルールは
「授業中は、筆箱を出さず、鉛筆2、3本、赤ペン、消しゴム1個だけ机に出す」
というルールを子供たちが作りました。
 
 
 
 
 
結構厳しいルールだとは思ったのですが
 
 
 
 
どの子も1年間守っていました。
 
 
 
子供たちも「グランドルールだよ!」
と声をかけあいながら楽しそうに守っていました。
 
 
 
 
 
 
 
   
「決まり」とか「ルール」とか聞くと
堅苦しく、自分を縛るもの、自分の自由を邪魔するものだと捉えてしまいがちです。
 
 
  
   
特に子どもたちは、その傾向が強いのではないでしょうか?
 
 
 
 
 
なので
まずは、ルールを作る前に
 
ルールの本質を考える授業を行いました。
 
 
   
   
子どもに「なんでルールがあるとおもう??」
と聞くと
 
 
 
  
子どもはこう答えます。
「守らなきゃいけないから」
「守らないと誰かが困る」
「守らないと物事がうまく進めないから」
  
   
  
確かにその通りです。
  
   
   
しかし、それでは子どもたちは納得しません。
  
 
   
   
ルールが守れない子どもだって
そんなことはもとから分かっています。
 
 
  
 
 
それを
「ルールを守らないとどうなっちゃうんだろう?」
とか
「なぜルールを守らなきゃいけないんだろう?」
とか  
   
 
 
   
  
そんなことを考えさせても、頭では分かっています!
  
   
 
 
 
でも、それができない。
それが人間です。それが子どもです。
  
   
   
 
 
守らなきゃいけない心と
少しくらいいいかーの心が
せめぎ合い、戦ってどちらかに傾くものです。
 
  
 
 
 
   
子どもたちも知ってる内容を道徳でやっても面白くない。
   
   
   
だから私は視点を変えてみました。
ディズニーランドを例にとって話をしました。
 
 
その授業内容はこちら
 
  
 
 
 
 
  
なぜ上のブログのような話をしたのか。
 
 
 
それは
ルールの本質が現れているからです。
 
  
 
ルールがあるからハッピーなわけではない。
ルールを守るからハッピーになるわけでもない。
 
  
 
  
  
 
 
ルールの本質とは
【おもいやり】
です。
  
 
 
 
例えば、暑い中2時間待ちのアトラクション。
本当なら並ばず一番先頭に行きたい。
しかし、同じように楽しみにして並んでいる人だって乗りたいんだろうな
 
 
そうやって相手を思いやって、列にならぶ。
 
 
食事にしても、ディズニーは高い。
しかし、「これを買うことで、キャストさんはお給料をもらえるんだな」「素敵な夢の国にであり続けるためには必要なお金だよな」
と思いやって、お金を支払う。
 
   
ディズニーランド内に「列に並ばないと罰金です」とか「並ばないと一番後ろです」なんて張り紙は一つもない。
  
   
 
 
 
 
 
それぞれがそれぞれを思いやっているから
 
 
そこに自然と「ルール」ができる。
  
 
 
 
   
  
ルールというのは、「思いやり」が根源で
それをみんながわかりやすく明文化したものなのです。
   
 
 
 
 
相手のことを思ってルールを守りなさい!
 
 
 
 
です
 
 
 
 
相手のことを思いやった結果ルールができた。
 
 
 
そう考えたら
ルールを愛おしくおもえませんか??
 
 
 
ルールを守りなさい!!ではなく
ルールは「思いやり」の形。
 

f:id:yumezyuku:20170419220920j:plain