現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

2013年2月〜2014年2月 世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。 その後 講演家として1年間で50回、のべ4000人に向けて想いを伝えていました。 その傍ら「夢塾」という塾を立ち上げ 1年間で6校開校。 そんな現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

受験勉強、ダイエット、成功法則etc 全てが続かない耳の痛い理由。どうしたらいいかなんてみんな知っている。


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

今日は、少し耳の痛い話をしたいと思います。

読むと少し不愉快になったりするかもしれません。

私は、この話を聞いた時、自分の行動を振り返り、ぐさっときました笑

 

 

 

 

 

皆さんはこんな経験はありませんか?

 

 

何かをやろう!と決めたとして

最初の数日は頑張るけれど

だんだんやる気が続かなくなって

 

そして最後には「何であんなに頑張ろうと思っていたんだろう?」なんて思ってしまう。

 

もしくは

「どうせ自分にはできないんだ」と自分を否定したり

 

 

〇〇が悪い

世の中が悪い

と周りのせいにしてしまったり・・・

 

 

例えば

 

受験勉強

 

俺は今日は勉強するんだ!と決めて

机に向かったとしても

 

「なんか机が汚いから、やる気が起きないんだ。」と机が汚いことを言い訳

片付けを始める

 

 

 

すると、近くに漫画が落ちていて

 

 

少し読み始めてしまったら

 

 

 

おかあさんから「もうご飯よ〜」と呼ばれる。

 

 

 

 

すると

「ご飯の時間だから仕方ないな」

 

ご飯の時間を言い訳にご飯を食べる。

 

 

その後は

「お風呂に入らなきゃいけないから」

「今からやっても明日の朝起きるのが辛くなるから」

 

なんて理由を持ってきて

 

結局勉強に集中できずに1日が終わってしまう。

 

f:id:yumezyuku:20170423125827p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダイエットもそうです。

ダイエットを始めたら、急に友達のお誘いや、飲み会やらが入ってくる

 

すると

 

 

これはしょうがない。

 

 

これは私のせいじゃない

 

 

と、なかなか上手くいかない。

 

 

 

 

 

 

 

何をやっても続かない

 

 

 

そんなことありませんか?

 

 

 

 

 

 

これからその理由を説明します。

 

 

 

私は、この話を聞いた時

とても耳が痛くなりました。かなり昔の話ですが。

 

これを聞いた時から、自分で「続ける」ということについて、向き合うことができました。

 

 

 

 

 

最近は

「最近は黒板書いていないのですか?」と沢山メッセージを頂いています。
ありがとうございます。
 
 
ブログにはあげていませんが、黒板は毎日書いています。

新しい学校でも続けています。
 
 
 
 
忙しくなるにつれ
「こんなことしてて、何か意味あるのか?」
「やめちゃおうか」なんてことも頭によぎりますが
 
 

それでも、子供の笑顔のために
時間を作って書いています。
  
   
書く労力が、成果に見合うかどうかは、1年経たなければわかりません。

それでも続けることができます。

 

 

 

それは、

 

 

 

 

続けることができない理由がわかっているからです。

 

 

 

 

 

続けることができない理由。

それは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「自分の努力よりも大きな結果を期待しているから」

 

 

です。

 

 

 

もっとキツイ言い方を知ると

「自分は努力したくないけど、成功はしたい。」

「ラクして、いい結果を手に入れたい」

と思っているのです。

 

 

だから

やり始める時はいいのですが

 

努力が必要になると

 

続けることができなくなってしまうのです。

 

 

 

 

しかし、「自分は傷つきたくない」ので

「自分には合わない」

「周りが悪い」

「自分は悪くない」

 

と周りを敵にすることで、自分を守っているのだと思います。

 

 

 

しかし

 

そんな人は

自分自身はわかっているのです。

 

 

自分自身の問題だ

って。

 

 

次回は、その「続ける」ために必要なことを書きたいと思います。

 

 

※次回書くことは、ハウツーを伝えるものではありません。もしかしたら「そんなもの知ってるよ」という話かもしれません。しかし、私は、この考え方で、実際に物事を続けることができるようになりました。※

 

 

では、次回。