現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

2013年2月〜2014年2月 世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。 その後 講演家として1年間で50回、のべ4000人に向けて想いを伝えていました。 その傍ら「夢塾」という塾を立ち上げ 1年間で6校開校。 そんな現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

内容よりプロセス。決め事、ルール、約束事を作る時に大切なこと。


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

 

 

私のクラスは4月当初から約一ヶ月かけて

「どうしたらクラスがハッピーになるのか」というテーマで

クラスルールを作る話し合いをし続けました。

 

まずは、ルールってなんなのかの説明から始まり

 

www.nino2no.com

 

 

 

何度も話し合いを重ねました。

 

一年続くこのクラスが終わる時に

「最高のクラスだったな!」

「次は自分たちで、幸せなクラスを作るぞ!」って思えるクラスを作っていくために

 

 

 

と妥協せず、何度も何度も話し合いを続けました。

 

 

 

 

途中、出来上がった案が一気に白紙になったこともありました。

反対意見が溢れたこともありました。

 

それでも、常に「みんなが幸せになるクラスを作るために」

という思いを絶えず伝え続け、本気で、腹を割って本音で話すからこそ出てくる意見だと肯定的にお互い考えるように促しながら

 

 

少しずつ、子供達と一緒に作り上げたルールは

 

f:id:yumezyuku:20170518215722j:plain

 

 

別にすごいルール内容ではないですよね。

画期的な内容でもないです。

 

 

正直な話

決めようと思えば1時間で決めれる内容ですよ。

 

 

 

しかし

 

 

大切なのは内容ではないんです。

 

 

皆が納得して「これならイケる!」と思っているかどうか

です。

 

 

決め事って

ただ作ればいいってもんではないんですよね。

 

作ったて守らない

作ったって意識しない

 

それじゃあ現状から変わることはありません。

 

 

 

 

 

「これをやれば大丈夫だ!」とワクワクする

「これならイケるぞ!」と思えることこそが大切。

 

 

「守りたい」って思える

「実行したい」と思える

「やってみたい」と思える

 

 

そこが大切。

 

 

大事なことは妥協してはいけない。

そう思います。

 

 

 

やはり、1か月かけて作っただけあって

このルールが出来上がってから

 

 

子供達は自然とルールを意識し始めます。

 

f:id:yumezyuku:20170518223459j:plain

 

 

「みんな!クラスルールだよ!」と声をかけあい

それぞれが意識してルールを守ろうとしています。

 

 

その先には

「これを守っていけばみんながハッピーになる」

という確信にも似た思いがあるのかもしれません。

 

 

 

多分、違うルールが出来上がったとしても同じこと。

 

内容ではない。

それまでのプロセスでどれだけ本気になって、作り上げたかだと私は思います。

 

f:id:yumezyuku:20170518223120j:plain

 

 

 

そして、つい先日

素敵なことが起こりました。

 

 

それは、また次回書きたいと思います。