現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

2013年2月〜2014年2月 世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。 その後 講演家として1年間で50回、のべ4000人に向けて想いを伝えていました。 その傍ら「夢塾」という塾を立ち上げ 1年間で6校開校。 そんな現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

「初めて国語が楽しいと思った!」と子どもから言われた授業中に行ったハッピールール


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

「先生!めっちゃ楽しかった!次の時間も国語やろ!!」

「初めてこんなに楽しいと思った!」

「明日国語無いやん。最悪〜。」

 

 


そんなハッピーに包まれた国語の授業がつい先日生まれました。

私自身とても楽しい授業だったので、それを紹介しつつ私の思いを伝えたいと思います。

 

 

 

その前に、その前日の国語の授業の様子をお伝えします。

 

授業は給食後の六時間目。

何を質問しても、子供の反応が薄く、姿勢が悪く、挙手もパラパラ。

手を挙げる子は決まった子。

 

先生と、数人の子で進む授業。

もう、違和感でしかありませんでした。

何とかその雰囲気を変えようと、ペアで話し合いをさせたり、発問の仕方を変えたりしました。

 

 

しかし

 

何ともなりませんでした。

 

 

 

そこで、ある奇策に出ました。

 

 

「う〜〜ん。今の先生では、みんなをハッピーにする授業できないわ。ごめん!」

と言ってみました。

 

 

一方的な授業をしても一時間は一時間。私も高校、大学時代など

生徒が何をしていても進む授業を受けたことがあります。それをやろうと思えばできるのですが

 

私はそれがしたくなかった。

 

 

しかし、私は、「授業は先生だけが張り切ったり頑張っても、うまくいかない」と思っています。

同じ目線に立って、「いいクラス、いい授業を作ろう」と先生も子供も思っていなければできないと思います。

そのことを書いたのがその日の黒板です。

f:id:yumezyuku:20170601222409j:plain

 

詳しくはこちら。 

www.nino2no.com

www.nino2no.com

 

 

 

つまり、授業は先生が作ってくれると思うのではなく

授業は自分で作るんだと子供が思う、しかけが必要だということです。

 

 

 

なので、子供と一緒に考えることにしました。

 

 

 

「どうしたらみんなハッピーな授業ができる?特に発言する人が限られてるからさ。みんなはどうしたら授業が楽しくなる?楽しく授業できる方法教えて〜〜!」

 

 

 

そこで、話題は「どうしたらハッピーな授業ができるか」

 

 

 

特に

「発言しない子がどうして発言できないか」

 

 

その中で、発言できない子供は

「聞かれている内容はわかるんだけど、自分の答えに自信がないから手があげられない」という人がほとんどだということがわかりました。

 

 

そして、

「友達と同じ意見だったり、その意見いいねって言われたら発言できる」

 

ということがわかりました。

 

 

 

そこで、あるルールを子供達に提案しました。

 

 

それは

私が最近参加したコーチング講座で講師の方がやられていたことなのですが

その空間にいきなり入った私は

少し恥ずかしさと戸惑いがありました。

しかし、

やっていくうちにとても楽しくなったので

 

これを教室でもやってみよう!と行ったものです。

 

 

 

それがドンピシャ!!!

 

 

そのルールは

次回の記事でお伝えします!

 

 

ヒントは・・・

 

f:id:yumezyuku:20170601222151j:plain

です!

 

 

 

続きはこちら

 

www.nino2no.com

 

 

 

 

 

子供に読んでほしい10秒で読める名言を集めました。

よかったら読んでみてください。

happywords.hatenadiary.jp