現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

2013年2月〜2014年2月 世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。 その後 講演家として1年間で50回、のべ4000人に向けて想いを伝えていました。 その傍ら「夢塾」という塾を立ち上げ 1年間で6校開校。 そんな現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

盛り上がるハッピーな授業のしかけの合言葉は「いいね〜〜〜〜〜〜!!!」


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

 

前回の続きとなります。

前回の記事はこちら

 

www.nino2no.com

 

 

「先生!めっちゃ楽しかった!次の時間も国語やろ!!」

「初めてこんなに楽しいと思った!」

「明日国語無いやん。最悪〜。」

 

と子供に言われた

国語の授業のしかけとは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:yumezyuku:20170601222151j:plain

 

 

「いいね!!」

です。

 

 

 

「それぞれの考えをみんなで認めあえる空間を作る」

 

 

 

私は、どんな意見だって

「正解、不正解はあることはあるが、間違っていない」と思っています。

 

 

 

だからこそ、どんな意見にも勇気を出して伝えてくれたら「いいね!」です。

 

 

 

 

どのように行うかというと

 

 

 

自分の意見を隣の子に紹介するときには

 

いいな〜と思ったら

「せーの」と小声で言います。

   

 

そうしたら、二人で両手でf:id:yumezyuku:20170601222151j:plain(いいねサインを作って)

 

全力で「いいね〜〜〜〜〜〜〜!!!」

と言い合う。

f:id:yumezyuku:20170602222456j:plain

 

以上です。笑

 

 

 

 

全体での話し合いでも

 

 

前の子の意見を受けた内容を話したり

勇気を出して発表したり

ちょっと間違った答えが出たり

ナイスな発言があったら

 

 

すかさず誰かが「せ〜の」と言い

 

 

みんなで

 

「いいね〜〜〜〜〜!!!!」

f:id:yumezyuku:20170602222456j:plain

 

 

 

 

もうこれが盛り上がって盛り上がって

 

 

普段発言しない子もバンバン手が上がりました。

俺が言いたい!私が言いたい!

 

 

 

君の意見いいね!

あなたの意見いいね!

 

 

意見は君と違うけど、その意見があるから授業が盛り上がるからいいね!

 

 

 

そんな空気が生まれました。

 

 

「いいね」を言いたいから、人の話を真剣に聞く。

「いいね」をいってほしいから自分の考えを真剣にノートに書く。

 

さらに、勉強が苦手な子は「いいね」を全力で言うことで、みんなに

「そのいいね!がいいね!」「盛り上げさんきゅ〜」と言われるのです。

 

 

 

しかし、やっている内容は

その前日のどんよりした国語の内容とほぼ一緒なのです。

 

 

 

 

 

大したしかけでもないですが

私自身も全力で「いいね!」ってやりますし

 

「お〜!これは出ちゃうんじゃない?」と乗せながら子供にジェスチャーで(せーの)と言わせる合図を出すとか盛り上げるました。

 

 

 

やはり、授業はキャッチボール

 

先生だけやる気

生徒だけやる気

 

ではいい授業は作れない。

 

 

それを実感した授業でした。

 

 

 

なんか、大阪の「ハッピー先生」こと金先生の

「正しい教育」より「楽しい教育」

の意味がわかった気がします。

 

 

その日の黒板がこちら

f:id:yumezyuku:20170602224511j:plain

 

 

 

 

 

 

 

子供に綺麗事を言い続けられる大人になろう!理想を語れる大人になろう!と始めた「10秒で読める子供のための名言集」です。よろしければ、いいね、シェアお願いします。

happywords.hatenadiary.jp

 

https://www.facebook.com/10秒で読める中高大生に送る名言集-1718385445121491/