現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

2013年2月〜2014年2月 世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。 その後 講演家として1年間で50回、のべ4000人に向けて想いを伝えていました。 その傍ら「夢塾」という塾を立ち上げ 1年間で6校開校。 そんな現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

「お客さんモード」から「スタッフモード」に切り替えてもっと人生楽しもうよ


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

 

授業が楽しくない
会社が楽しくない
人生面白くない

 

 

 

そんな時は、「お客さんモード」になっていることが多いと思います。

f:id:yumezyuku:20170606214431j:plain

 

 


お客さんモードとはこんな人です。

 

 

 


授業で
「つまんないなー。なんでこんなつまんない授業なんだよ。違う先生に変わればいいのに。早く終わらないかなー。」

って思っている人。

 

 

部活で
「辛いなー。先輩も先生も鬼。何でこんなに走らすの?早く3年生になりたいよ。3年になったら楽しそうだし」

って思っている人

 

 

会社で
「会社めんどー。つらいわー。この会社ブラックすぎ。愚痴言ってないとやってられない」
ってなる人のことです。

 

 

 

 

このような人たちは
「誰かが自分を楽しませてくれる」
「誰かが自分をハッピーにしてくれる」


と考えています。

 

 

 

 

自分は「100%自分に合った環境がやってくるのをただ待っているお客さん」

 

 

 

 

昔私が、セミナーや講演でご飯を食べていた時期も、参加者の中にこのような方も大勢いました。
「お金払ってるんだからいいもの見せてよね」
「あなたが喋っているんだから、いい話をして」
という雰囲気を醸し出している方。

 

 

 


確かにそうですし、
そのような方を盛り上げ、やる気にさせるのが私の持ち味だったのでとても勉強になったのですが

 

 

 


そのような性格でいるとなかなか幸せになり辛いと思っています。

だって

 

 


100%自分に合った環境なんて
この世の中どこにもないのだから。

 

 

 

 

 

 

 

大切なのは
お客さんモードではなく
「スタッフモード」
つまり

 


この空間を自分も作り上げているんだ

と考えること。

 

 

 


吉本新喜劇がなぜ面白いのか。

それは
内容も素晴らしいのですが
お客さんが「笑う準備ができている」という要因が大きいそうです。

 

 


このネタが来るぞ来るぞ来るぞ!
そしたら笑えるぞー!

きたー!!!


ギャハハ!!

f:id:yumezyuku:20170606215146j:plain

 

 

 

って感じです。

 

ディズニーランドも同じこと。
ショーやアトラクション、スタッフも日本一ですが

 

ディズニーランドを楽しむために人々は
そこに足を運ぶのです。

 

f:id:yumezyuku:20170606215525j:plain

 

 


授業だって
部活だって
会社だって

同じこと

 

確かに、先生や上司の指導力や人間関係が一流ではないかも知れません。

 

 


しかし、
「自分だってこの空間を作っている1人だ」
と考えられるかどうか。

 

 

 

 


そこが、楽しく人生が送れるかどうかの分かれ道だと思います。

 

f:id:yumezyuku:20170606215632j:plain

 

 

 

自分の人生もまさにそう。
「誰かが幸せにしてくれる」と指示待ちお客さんモードでは、いつまでたっても幸せになりません。


「自分が周りを幸せにするんだ」と考え、行動するスタッフモードになればなるほど、幸せになっていくのではないでしょうか?

 

 

f:id:yumezyuku:20170606215859j:plain

 

 

 

子供に綺麗事を言い続けられる大人になろう!理想を語れる大人になろう!と始めた「10秒で読める子供のための名言集」です。よろしければ、いいね、シェアお願いします。

happywords.hatenadiary.jp

 

 

 

www.nino2no.com

www.nino2no.com

www.nino2no.com