現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

2013年2月〜2014年2月 世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。 その後 講演家として1年間で50回、のべ4000人に向けて想いを伝えていました。 その傍ら「夢塾」という塾を立ち上げ 1年間で6校開校。 そんな現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

席替えチャレンジから伝えたいこと。「人の良さは見ようとすればたくさん見つかる」「きっと誰かが見てくれている」


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

f:id:yumezyuku:20170620225056j:plain
 
 
 
前回の続きです。
 
 
知識を詰め込むだけが学校じゃない。
学校を少しでも楽しい場所に
学校に行きたいと思える環境をつくることを目標に
 
 
 
いろんなことを行なっています。
 
今回は、席替えチャレンジについて。
チャレンジ内容は前回の記事をご覧下さい。

 

 
 
さて、
結果はどうでしょうか。
 
 
 
この木が
 

f:id:yumezyuku:20170620225056j:plain

 
 
 
 
 
 
 
 
こうなりました。
 

f:id:yumezyuku:20170621222959j:plain

 
 
もう木ではありません笑。
 
 
 
正直、子どものポテンシャルをなめてました。
 
 
 
いつも子どもは自分の予想を越えてくる。
 
 
 
子どもだからこれくらいだろう。
と思ったものをやすやすと越えてくる。
 
 
見習うべき存在です!
 
 
 
 
その思ったことを黒板に描きました。
 

f:id:yumezyuku:20170621223040j:plain

 
 
 
 
 
このチャレンジは
「ただ楽しい」というだけではありません。
 
 
 
わたしがいろんな講演やコーチング、心理学の講座を受けて
いろんなエッセンスやワークを勉強して
 
 
それをいかに授業以外でそれを伝えるかを考えて作っています。
 
 
 
今回のテーマは
・「人の良さは見ようとすればたくさん見つかる」
 
・「いつも誰かが見てくれている」
 
という二つを実感してもらうためのワークでした。
 
 
 
 
わたし自身もそうなのですが
人の悪いところって目につきやすく
人の良いところって見落としがちになってしまうものです。
 
 
 
 
 
しかし、本当はどんな人にも良いところがあるのです。
 
見えていないだけで。
そこに気が付けるか、そこを見ることができるかは
人生においてとても大切だとおもいます。
 
 
 
 
そして「いつも誰かが見てくれてる」
 
例えばゴミが落ちてるとする。
それを見て見ぬふりをすることもできる。
でも、その時に、そっと拾う。
 
 
そんな小さなことも
 
 
「別にだれも見てないし。」
「別に誰かが拾うでしょ」
と拾わないで生きることもできるし
 
 
「誰かが拾うなら自分が」
「良いことは誰かが見てくれてるさ」
と一手間かけて拾うこともできる。
 
 
 
そんなことが、伝えられたらいいなと思います。
 
 
 
 
 

 今までの歴代席替えチャレンジ記事はこちら

www.nino2no.com