現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

2013年2月〜2014年2月 世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。 その後 講演家として1年間で50回、のべ4000人に向けて想いを伝えていました。 その傍ら「夢塾」という塾を立ち上げ 1年間で6校開校。 そんな現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

本当にハッピーなクラスを作るために。悪いところはいつも目につく。その中で良い部分を見ることができているか。


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

f:id:yumezyuku:20170629231211j:plain

 

今日は、自分が反省したことを記事にしようと思います。

 

 

 

この日、私は朝から出張で、一日いませんでした。

 

普段子供たちには

「先生がいない時こそ本当のみんなの力が試される」

と伝えています。

 

それは

「自分で自分の幸せを考え行動できるような子供を育てるため」

です。

 

詳しく書いた記事はこちら 

www.nino2no.com

www.nino2no.com

 

 

 

しかし

出張から帰ってきた時、代わりに入っていただいた先生からこんなことを伝えていただきました。

 

「朝の健康観察からダラダラしていました。普段の子供達と全然違っていました。」

 

 

結構ショックでしたね。

 

その先生からは

「先生の指導がしっかりできている、信頼関係ができている証拠でもあります。」

 

とおっしゃていただきましたが

 

 

 

私は、それではいけないと感じています。

 

 

 

 

もし本気で子供達の「幸せ」が

今まで私とやってきたような

「協力」「思いやり」だと心に入っていたら

子供は、先生がいなくたって、自分から行動を起こすはずなのです。

 

 

 

 

 

 

 

さて、ここで私自身振り返りました

 

 

自分自身は何ができるのか

今まで子供たちに伝えてきたことを振り返り

接したことを振り返り

 

書いた黒板がこちらです。

 

f:id:yumezyuku:20170629231211j:plain

 

 

 

「常に問題は自分自身にある」

これは非常に苦しい判断ですが

一番成長できる考え方だと思います。

 

 

 

自分自身を振り返って

どう声かけをしようかと考えた時

 

ふと、頭によぎったのは

 

「本当に全員がクラスのために行動していなかったのか?」

ということです。

 

 

そして、ハッとしました。

 

自分は今、子供達を変えようとしていた。

子供の出来ていない部分ばかりに目を向けて

子供の良い部分を見ようとしていないのではないか?

 

 

 

確かに、よくない部分はたくさん見えてしまいます。目立ってしまいます。

しかし、中には、誰にも気付かれず、当たり前のことを当たり前に行い、しっかりと学級に貢献している子供もいるのです。

 

その

良いところに目を向けずに

悪いところばかりに目を向けていないか?

 

 

そんな風に自問自答しました。

まだまだですね。

 

いつも子供が教えてくれます。

 

 

ここからまた、子供たちと素敵なクラスを作るための再スタートです。