現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

2013年2月〜2014年2月 世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。 その後 講演家として1年間で50回、のべ4000人に向けて想いを伝えていました。 その傍ら「夢塾」という塾を立ち上げ 1年間で6校開校。 そんな現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

愛メッセージ(I メッセージ)子供に伝えた「信じる」ことと「任せる」こと


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

f:id:yumezyuku:20170703215042j:plain

前回の記事で自分のできないところや反省したことを

正直にお伝えしました。

 

詳しくはこちら↓

www.nino2no.com

 

「自分にできること」

子供たちではなく、原因は全て自分にある。

子供たちの「やる気」や「仲間意識」をうまく引き出したり、育てたりできなかった自分に原因がある。

 

では、何ができるのか?

 

 

 

 

 

そこで考えたことが

 「子供の本音を聞き出すこと」

「得意のゲーム化をして子供の行動を促すこと」

 

www.nino2no.com

「子どもを信じること」

です。

 

 

 

 

 

 

ここから子どもたちと再出発だ!

と子供たちと緊急ミーティングを行いました。

 

 

 

 

そして、話し方を意識して話をします。

 

www.nino2no.com

 

「なぜできないんだ!」

「そんなんじゃダメだ!」

 「直しなさい!」

f:id:yumezyuku:20170703215802j:plain

ではなく

 

「先生はそれを聞いた時すごく悲しかったよ・・・」

「みんなならできるって先生は思っているんだけどどう?」

 

というような話し方を心がけました。

 

 

 

本当に子どもたちは

何を幸せだと思っているのか?

まずは聴くこと

 

 

 

 

子どもが「みんなで協力できたら幸せ」「みんなで時間とか意識したい」

と出た反面

「声かけするのは恥ずかしい」

「でも、自分が時間を気にして座ったりするのはできる」

「私は仲良い子になら声かけれる」

 

 

それぞれ本音が出てきました。

 

 

「いいね!!!無理することはない!自分のクラスのためにできることをやっていくだけでいい。それをみんなのためにやれば今よりはハッピーなクラスになるね!」

 

 

 

さぁ

 

そうしたら

ゲーム化です

 

f:id:yumezyuku:20170703222003p:plain

 

 

こんな提案をしました。

 

よし!だったらみんなの力を試していいかい?

来週の月曜日は

先生は一切指示を出しません!!

 「宿題出してよ〜」も

「そろそろ授業始まるぞ!」も

「静かにしな!」も

「クラスルールだぞ!話している方を見て!」も

「給食終わりだぞ〜」も

言いません!

 先生もどうしても言いたくなってしまうけど

そこはみんなを信じて任せます!!

 

果たしてみんなは本当に自分たちでハッピーなクラスにできるかな???w

 

 

 

そして書いた黒板がこちら

f:id:yumezyuku:20170703222629j:plain

 

 

 

さて、そんなことをした日は

子どもたちはどうなったのでしょうか??

 

結果はどうなったのでしょうか?

結果はこちら

 

www.nino2no.com