現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

2013年2月〜2014年2月 世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。 その後 講演家として1年間で50回、のべ4000人に向けて想いを伝えていました。 その傍ら「夢塾」という塾を立ち上げ 1年間で6校開校。 そんな現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

子どもを信じる。簡単なようで難しい。しかし、信じ切った先に成長がある。


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

f:id:yumezyuku:20170704203835j:plain

 

前回の記事の結果を報告します。

前回の記事はこちら

 

www.nino2no.com

 

 

子どもたちが先生や周りの期待に応えるために行動するのではなく

 

自分たちで、自分や周りの幸せを考えて行動を起こせるように

 

 

 

 

行ったのが

ニノ先生ノー指示デー

というゲームを行いました。

 

詳しくは画像の黒板をご覧ください。

f:id:yumezyuku:20170703222629j:plain

 

 

 

 

 

 

しかし、このゲーム

 

 

 

言うは易く行うは難し

です。

f:id:yumezyuku:20170704203835j:plain

 

 

 

お母さん、お父さんならお分かりになると思います。

先生ならわかるかもしれません。

 

 

 

ついつい、子どもに「転ばぬ先の杖」を出したくなってしまうのです。

 

 

大人は子ども時代を経験しています。

なので

 

このまま進むとこんな結果になるな〜とだいたい予想がついてしまいます。

 

 

 

なので

給食の準備が遅くなりそうな時は
「さぁ!急ごう!!協力して!〇〇君!手が空いたらみんなの机を動かして!」
なんて先生が陣頭指揮を執ってしまったり。

 



子ども同士で揉めていた時に勝手に間に入って
「何があったか話してみて。一人ずつ。二人の言い分は?どうしたらハッピーになる?」
なんて言われてもないのに間に入ってしまったり。

 



やらなきゃいけないことがあるのに遊んでいる子に
「何かやらなきゃいけないことあったよね?な〇〇やるんでしょ!早くしなきゃ!」
なんて指示してしまったり。




お母さんであれば、そんな経験ありませんか?

「宿題はやったの?」
「勉強はやくやりなさい!」
「もう習い事いく時間よ!」
「はやくお風呂はいっちゃいなさい!」

「もう寝る時間!」

「まだゲームしてるの!?」

 

f:id:yumezyuku:20170704205232j:plain






 

これ、実は

子どもを愛しているからこそ出てしまう行為

だと私は思っています。

 

 

 

 

子どもが失敗するのを見るのが辛い。

できれば子どもには幸せであってほしい。そして自分ができることならしてあげたい。

 

そんな愛があるからこそ

出てしまうのではないかと思います。

 

 

 

 

 

私もそうでした。

 

指示をしない

と決めていたのに

 

朝から

「このままだと授業開始に間に合わないよ〜」

とか

「宿題後2人出てないけど、報告ないな〜。」

とか

「このまま放置してたら、給食開始時間かなり遅くなるかな〜」

とか思ってしまう。

 

 

 

ソワソワ

うずうず

 

 

 

 

 

しかし、それをしてしまうと

子どもの成長チャンスを奪ってしまうことを私は知っています。

f:id:yumezyuku:20170704210506j:plain

 

 

 

 

だからこそ、我慢です。

 

 

 

 

 

 

すると

 

 

 

その1分の我慢

素敵な結果になりました。

 

 

結果はこの黒板で。

f:id:yumezyuku:20170704210919j:plain

 

 

 

 

 

転ばぬ先の杖を出したくなったら

1分我慢

 

 

すると

「みんな!もう時間だよ!席ついて!!」

「給食片付けて〜」

「〇〇ちゃん!帰りの準備しておくね!」

 

と、子どもが自ら動きだしたのです。

 

 

 

結果、丸一日私は一度の指示もしませんでした。

 

 

それは、楽かと思いきや

以外に我慢の連続でした。

 

しかし、その時の

子供達の笑顔や、「俺らできるじゃん」という自信に満ちた顔を見ると

 

 

 

 

「我慢してよかった」

 

 

本当に思いました。

 

 

 

子どもは失敗して初めて成長します。

その機会を奪ってはいけないと思います。

 

そして、子どもは、大人が思うよりたくましく、大人が思うよりすごい存在です。

 

 

子どもを信じるとは

子どもの成長を信じきることだと思います。