現役教師が小学生の子ども達に毎日送るハッピー黒板

2013年2月〜2014年2月 世界の孤児院や学校を周りながら世界一周。 その後 講演家として1年間で50回、のべ4000人に向けて想いを伝えていました。 その傍ら「夢塾」という塾を立ち上げ 1年間で6校開校。 そんな現役教師が小学生の子ども達に 毎日送るハッピー黒板

人に頼る勇気とそんな自分を受け入れる強さ。子どものアイデアから生まれた「忘れ物0大作戦!」子どもを信じて、子どもに頼ることで子どもは成長する


LINE@に登録して2ヶ月で全国1位になった
勉強の方法の動画をゲット!

f:id:starbucksfanfan:20170520120130j:plain


~人気記事はこちら~

褒めない叱らない教育を
いなくなって初めてその人の本質
1年最後の日。子供との涙の別れ

f:id:yumezyuku:20170705220833j:plain 

 

 

子どもたちと先生の永遠のバトルテーマ。

  
それが「忘れ物」

f:id:yumezyuku:20170705215811j:plain

 

 

私のクラスも例外ではありません。

すべての子どもではありませんが、宿題忘れ、教科書忘れ多々あります。
  
  

 

 


私は、忘れ物に関してそこまで厳しくありません。
誰だって失敗や忘れることはあるからです。
  
しかし、その後の行動は徹底できるように動いています。
  
  

 


忘れた後、どう動くかで人生は決まる。

 

忘れた後

 

「まあいいや」とか「なんとか誤魔化せないか」

 

と考えるか

 

 

 


そんな自分を受け入れ、素直に伝えに来て、その後の行動に生かしていけるか
  

 

 


  
そこが大きな分かれ道になります。
  

f:id:yumezyuku:20170705220131j:plain

 

 

 


 そんなことを書いた黒板はこちら 

f:id:yumezyuku:20170705220833j:plain

 

 

 

しかし、なかなか子どもは素直になれないものです。(いや、大人も同じですよね笑)
  
  
  
  
そこで私は、子どもに頼ってみました。

いつも宿題をチェックする係の子を呼んでこう話しました。
  

 

「先生困ってるんだけど助けて〜〜」
  

f:id:yumezyuku:20170705220515j:plain

 

 


  
そして、先生の力だけでは、うまくいかなかったこと。
みんなの力を貸して欲しいことを伝えました。
  

 


  
すると
子どもたちは目を輝かせて「家で考えてくる!」と言ってくれました。
  

 


  
そして次の日。
  

 


  
一人の女の子が
パソコンで作ったレジュメ10ページくらいを持ってきてくれました。
  
  
なんと、お父さんと一緒にクラスの忘れ物が0になるように作戦を考えてくれました。
  
  
それが、すごくよくできたシステムで
グループを作り、みんなが楽しみながら忘れ物を減らしていけるようなものでした。
  
  
 
子どもと一緒に考え、レジュメまで作ってれたお父さんにも本当に感謝です。
  
  
  

  
  
  

ここで私が言いたかったこと。
それが
  
  
「自分一人でなんとかしようとしない」
「人に頼る勇気を持つこと」
です。
  
  
  
自分一人でなんとかしようとすると、大したことはできません。
  
  
しかし、誰かに「助けて」と声を上げるのは
とても勇気が必要です。
  
  
自分の「できない」を直視しなければ、人に頼ることができないのです。
  
  
  

しかし、できない自分を認めることで、他人に頼ることで
実は、誰かを喜ばせているかもしれないのです。
  
  

 

 


その子どもはとても嬉しそうに
とても誇らしげに
とても笑顔で
私の元に来てくれたのを覚えています。
  
  
  
自分のダメな部分は、人に光を与えることがある。
  

私はそう思います。

 

 

 

 

 

子供に綺麗事を言い続けられる大人になろう!理想を語れる大人になろう!と始めた「10秒で読める子供のための名言集」です。よろしければ、いいね、シェアお願いします。

happywords.hatenadiary.jp